2017年6月25日日曜日

【西武多摩川線2010年】西武101系低運転台車と構内踏切


先日、東急池多摩線……いやいや、池上線と東急多摩川線に乗り、池上駅の構内踏切と7700系電車を撮った。そういえば、「別の多摩川線」の構内踏切のシーンを昔撮ったことを思い出した。あれはたしか、西武101系低運転台車(初期車)が最後の活躍をしていた2010年のこと。西武多摩川線の多磨駅でのようすだ。

2017年6月23日金曜日

【八高線PETIT撮影記事】「武蔵五日市・高麗川行き」に乗る

ホームでは「『こうらいがわ』ってどこ?」と若い男性の声が聞こえた
週末に用事があって都内の中央線沿線に出かけた帰り道のこと。下り快速線のホームで列車を待っていたら、たまたま「武蔵五日市・高麗川行き」の列車がやってきた。このところ自宅での作業が続いていたこともあって、列車にゆられるのもいいなとふと思い立ち、わざわざ高麗川経由で遠回りをして帰宅しようと思いついた。まあ、飲んだ帰りだからというのもある。すごく衝動的な行動だ。カメラも持っているし。

2017年6月17日土曜日

【1980年代国鉄101系電車:リバイバル記事】「シーサイドライナーヨコスカ」のこと

【おことわり】
本記事は旧ブログにて2013年2月9日付けで公開していた記事を加筆訂正したものです。


もともと武蔵野線を走っていた101系1000番台車なので、方向幕が武蔵野線の「府中本町-南越谷」なのがご愛嬌。この「府中」と「越谷」だけが大きい「府中本町 - 南越谷」という行先表示も懐かしい

国鉄分割民営化が行われる頃からJR移行の直後のころ、各地の国鉄工場や車両基地ではさかんに一般公開が行われていた。多くは、施設や古い車両を見せてくれるものだったけど、なかには「これから行う予定の新サービス」を先行公開するものもあった。1986年8月の国鉄大船工場(当時)の一般公開でよく覚えているのは、101系電車が斬新な色に塗られて「シーサイドライナーヨコスカ」のヘッドマークをつけていたことだ。このころはすでに国鉄路線上にステンレス車体の通勤電車が登場し始めていたとはいえ、鋼製の電車はほとんどはまだ「地域色」(支社色)にはなっておらず、国鉄時代のままの単一塗装、もしくは塗り分け塗装だったから、101系電車に施されたこのラインカラーはとても奇妙なものに思えた。

2017年6月15日木曜日

【東急池上線7700系撮影記事】池上駅の夕日


◼︎池上線に乗ってみた
 山手線沿線に用事があって都心に出た帰り道に、思い立って東急池上線に乗った。最近はほんとうに鉄道に関して情弱なので、東急7700系電車の運用はわからない。そもそもいま何編成残っているのかも知らずに、五反田から乗ってみた。けれど、そのタイミングでは7700系は雪が谷大塚で1編成見かけただけ。もしかしたら多摩川線には走っているのか、蒲田までさっさと行こうかと思いながら池上まで来た。そのあいだずっと、上下ともに1000系と同1500番台車、新7000系しか見なかった。


2017年6月11日日曜日

【ニコンカメラチラシの裏】AI Nikkor 85mm F1.4Sのこと


35mmフルサイズセンサーを備えたニコンD750を試用する機会があったので、高校生の頃に買ったもののさいきんはめったに使わないマニュアルフォーカスのAI Nikkor 85mm F1.4Sを装着して、少し撮ってみた。

2017年6月5日月曜日

【1980年代西武鉄道】上信電鉄クモハ103-クハ103解体の報を聞き

おそらく1985年(詳細不明)。小手指車両基地にてクモハ472ほか

2014年1月、上信電鉄クモハ103号車
上信電鉄高崎駅構内にながらく留置されていた100形電車(元西武451系電車)クモハ103-クハ103編成の解体が始まった、というしらせをTwitterで聞いた。構内の移動と陸送の準備に数日かけていたようなので、そのようすを見に行くことはできなくもなかったけれど、やめてしまった。

2017年6月4日日曜日

【YS-11EB】夜の飛行機に胸が熱くなるわけ


薄暮の頃に飛ぶ航空機を見ると、なにやら胸が熱くなるのは、おそらくサン=テグジュペリ『夜間飛行』を連想するから。とても安易な連想だと我ながら思う。でも待てよ。航空機に限らず、列車でも、人物でも、あるいは薄暮の風景そのものに惹かれるのだ。そうなるとこれは、航空機を撮っているというよりもむしろ、空模様や色の変化、光の移ろいゆくさまを撮っているにちがいない。

2017年5月25日木曜日

【ぼろフォト解決シリーズ】『Panasonic LUMIX GF9 脱・初心者マニュアル』を発売しました

LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

【お仕事のご紹介です】
 Amazon.co.jpで各種カメラのハウツー本として発売中のKindle電子書籍『ぼろフォト解決シリーズ』最新刊では、Panasonic DC-LUMIX GF9(以下、GF9)を取り上げました。GF9は小型軽量でややモダンクラシックなデザインと、チルト式背面モニターを備えてセルフィー(自分撮り)にむいた各種機能が特徴のマイクロフォーサーズレンズ交換式カメラです。

2017年5月21日日曜日

【JR八高線PETIT撮影記事】またまた……タイミングになやまされ


ここ数日は夏日のような強い日差しと気温に、いよいよ初夏が訪れたのだと思わされ……だが、この国には梅雨があるのだった。先週のぼんやりした曇りと雨の日もそれはそれでフォトジェニックで好きだけど、やはり晴れた日がないと気持ちが冴えない。

2017年5月20日土曜日

【YS-11EB】今日も空を見ながら……


5月下旬になり気温と湿度が高くなったことをひしひしと感じさせるのは、空に望遠レンズをつけたカメラを向けるとき。遠く離れた建物や遠くを飛ぶ航空機を撮ると、像がゆらぐ。それはそれでおもしろいとは思う。

2017年5月19日金曜日

【秩父鉄道PETIT撮影記事】たそがれのどきの鉱石貨物列車、続編


またもや日没後に秩父鉄道沿線で三脚を立てて、鉱石貨物列車を待ち構えた。どうも、ダイヤ改正後の鉱石貨物列車の交換駅、あるいは運転停車する駅での停車位置をまださぐっているところ。したがって、写真のできばえはまったくもって気に入っていない。どうもまだねらっている絵にならないんだなあ。そして、使っているレンズが古いのもこういうときにフレアっぽくて困る。ただし、古い古い300mmの解像感の高さにはとても驚かされるのだが。