2017年12月12日火曜日

【国鉄型489系電車なつかし記事】489系電車PETITお名残乗車記:ホームライナー古河3号・鴻巣3号を撮る(2010年2月) 続編


【おことわり】
本記事は旧ブログにあった2010年2月15日づけエントリーを加筆訂正したものです。先日、大宮の鉄道博物館に行った際にひさしぶりにクハ481やクハ181というボンネット型の国鉄特急形電車(あるいは「こだま型」。いずれももはや死語といっていい存在でしょう)を見て、そういえばこのブログにはこれらボンネット形の特急電車の最終型である489系電車が最後の活躍をしていたときに、ほんの少しだけお名残乗車をしに行った記事を載せていなかったことを思い出しました。そのまま掲載するには拙い記事でしたので、大幅に改訂して再掲載いたします。なお、各種列車などの情報はいずれも記事初出時の2010年2月の情報です。ご注意ください。

【以下本文】
■こんどは上野に行く
 鶯谷ホームから急行『能登』を撮ろうとして、京浜東北線の電車に被られてから数日後。私は上野駅にいた。鶯谷で被られるなら、上野のほうが停車時間があるぶん確実だ。

2017年12月11日月曜日

【国鉄型489系電車なつかし記事】489系電車PETITお名残乗車記:ホームライナー古河3号・鴻巣3号を撮る(2010年2月)

【おことわり】
本記事は旧ブログにあった2010年2月15日づけエントリーを加筆訂正したものです。先日、大宮の鉄道博物館に行った際にひさしぶりにクハ481やクハ181というボンネット型の国鉄特急形電車(あるいは「こだま型」。いずれももはや死語といっていい存在でしょう)を見て、そういえばこのブログにはこれらボンネット形の特急電車の最終型である489系電車が最後の活躍をしていたときに、ほんの少しだけお名残乗車をしに行った記事を載せていなかったことを思い出しました。そのまま掲載するには拙い記事でしたので、大幅に改訂して再掲載いたします。なお、各種列車などの情報はいずれも記事初出時の2010年2月の情報です。ご注意ください。


【以下本文】
■残業続きで忙しくしていたなかで
 会社帰りに時間を作って何回か夜の上野駅に行った。というのも、2010年3月13日のJRダイヤ改正で上野と金沢を結ぶ急行『能登』の489系電車が引退することが発表されていたからだ。当時の急行『能登』には運転室部分がボンネットになっているこだま型の交直流区間対応特急電車として、信越本線横川~軽井沢間を協調運転で通過できる最終タイプとして、奇跡的にJR西日本金沢総合車両センター(国鉄時代は金沢運転所)に残されていた懐かしいデザインに赤とクリーム塗装の国鉄時代の特急型電車が充当されていた。

2017年12月9日土曜日

【YS-11FC】夜間訓練飛行撮影ふたたび



冬至も近くなり、日に日に日没が早くなる。作業をしていてもあっという間に日没がやってくるので、いささか焦る。そして、夜間訓練飛行はほんとうに日没後に行われるために、この季節は撮りやすいとはいえない。それでも、YS-11FCが訓練飛行を行っているのを見ると、なんとか撮ってみたくなる。そうして、いつもと同じような絵を量産するというわけ。

2017年12月8日金曜日

【鉄博PETIT訪問記】大宮にて


都心に急な用事があった日のこと。いくつかの用事を済ませると時間はもう15時過ぎだった。暗い曇り空が広がっていたので、どこかに出かけるにも遅い。そこで、ここしばらくごぶさたしていた、大宮の鉄道博物館(以下、鉄博と略)に行ってみた。前に行ったのはたしか震災前だったから……7年ぶりか。

2017年11月30日木曜日

【チラシの裏】宮島フェリーにて


ちょうどひと月ほど前のこと。出張撮影に出かけたときに、宮島フェリーに乗った。じつをいうと、私は広島にも宮島(厳島。本稿では以下「宮島」と表記します)にも行ったことがなかった。修学旅行は京都と奈良だったしね。そして、よく考えたら……岡山より西に列車で行ったのははじめてかもしれない。岡山だって駅から降りたことがなくて、すぐに乗り換えて高松、あるいは米子と鳥取には行ったことがあるだけだ。岡山以西は、飛行機に乗って日帰り出張で博多に行ったことがいちどだけあったっけ。こう書くと我ながら腰が重くていやになる。気軽に旅行に出かけることができるかどうか、というのは習慣なのだ。私には旅を習慣にできないのが惜しい。おっと、冒頭からそんなのはアレだ。

とにかく、はじめて宮島フェリーに乗った。台風が接近しつつある雨の日の夕方だった。

2017年11月28日火曜日

【YS-11FC】夜間訓練飛行を撮る

今年の11月3日(祝)に入間基地で行われた航空祭は、好天に恵まれた。この日は毎年晴れる確立が大変高いが多い日とはいえ、夕方までずっと穏やかに晴れていたのはめずらしく、絶好の撮影日和だったし、撮影しなくても楽しめたはず。引退も近いと思しき飛行点検隊のYS-11FCも飛んだようだ。「ようだ」と伝聞で書いたのは、その日まで出かけていて、午後に自宅に帰ってきたので、YS-11FCを自分の目で見ていないから。基地やその周辺に撮影に行くほどの元気はなく、ブルーインパルスや帰投する外来機も、コーヒーを入れて自宅からのんびり眺めるだけにすませた。

とはいえ、YS-11FCは撮りたい。そこで、夜間飛行訓練の日に滑走路脇に300mmレンズとバッテリーグリップつきボディを持って散歩に出かけた。散歩じゃないな、それ。

いまや、16時半で日が沈んでしまう。だから夏期とはことなり、夜間飛行訓練は早めに離陸する機体以外は、ほんとうに日没後(つまり夜間)に離陸する。そうなると、とくに高感度耐性が高いわけではない私の機材では撮影しづらい。この日も日が沈んでしまったなあ、と思ってあきらめようとした。すると、風に乗って聞き覚えのあるエンジン音が聞こえてきた。YS-11FC、マジでこれから離陸するのか! というわけで、滑走路脇でひとりでアツくなった。ユーリー・ガガーリンの有名なせりふ «Поехали!»を思い出したよ*。 


2017年11月26日日曜日

【デジタルカメラチラシの裏】ふたたびAF微調整ちゅう



ここ数日はいろいろとためこんだデスクワークを片づけるために自宅に蟄居しつつ、D7200のAF微調整を行った。私物の機材をメンテナンスに出したために、代替機を借りたものの、どうも手持ちのレンズとの組み合わせでは後ピン傾向が強かった。そこで、位相差AFとライブビューで比べながら、私物のレンズですべて調整した。仕事の合間の散歩にもっともよく使うレンズを装着してあれこれ撮ってみた。

2017年11月23日木曜日

【秩父鉄道鉱石貨物列車撮影記事】デキをねらいに


先日の秩父行きの続きだ。鉱石貨物列車を牽引する電気機関車デキたちの「当たり日」だったとはすでに書いた。ここ数年、1000系電車が秩父路から姿を消してからは私はすっかりパレオをねらいに秩父に行くことが多く、そうすると必ずしも鉱石貨物列車の走る武川〜武州原谷(あるいは影森)にいるとは限らないので、パレオよりも電車を優先して撮影していたころよりも「デキ捕獲率」がよろしくない。まあこれはやむをえない。二兎を追うものは一兎も得ずというやつだ。

2017年11月21日火曜日

【秩父鉄道SLパレオエクスプレス撮影記事】荒川橋梁にて


秩父鉄道に出かける楽しさは、SLパレオエクスプレスを待つあいまにもある。などということは、ここにお越しになる鉄のみなさんならおわかりだろう。電車はもちろんのこと、武川から武州原谷(平日や土曜日なら影森)までの区間を走る鉱石貨物列車を見ることもできるから、飽きない。秩父鉄道の鉱石貨物列車は、いまとなっては貴重な私鉄を走る貨物列車でもある。

SLパレオエクスプレス5002列車をどこで撮ろうかということは、事前に決めてあった。広くて撮影者の人数が多くても困らない荒川橋梁にしようと思っていた。ここでも何度も撮っているけれど。いまは河原の木々の紅葉するようすを眺めるのも楽しい。

2017年11月20日月曜日

【秩父鉄道SLパレオエクスプレス撮影記事】パレオくん、秋晴れの秩父路で豪快に走る


先日の出張撮影では新幹線に乗ったり、投宿先の目の前を走る花輪線を撮りはしたものの、それ以外はもっぱら鉄道に触れることがなかった。紅葉の風景のなかを走る秋田新幹線、あるいは日暮れの海沿いを走る広島電鉄の電車、岡山付近で見た黄色い117系電車、JR関西線のうぐいす色の103系電車が混雑する伏見駅にいるようすなどは、目で見ただけで心のなかにしまっておきたい貴重なシーンだ。

いやでも、そういったしみじみといいなあ、と思わせる魅力的な鉄道シーンを具現化するのが自分の仕事でもあるよな……。そう思ってひさしぶりに、私的な鉄分補給として秩父に出かけた。先日の雨の日に秩父地方の紅葉のようすを目にして、そろそろいい感じなのではないかと思ったからだ。しかし、この日はむしろ紅葉よりもパレオくん(C58363)にひどく驚かされたのだった。

2017年11月15日水曜日

【秩父鉄道撮影記事】晩秋の影森駅、たそがれ


午後からぱらつき始めた雨はいつしかしとしとと降り続いたものの、日没の頃になるとやんだ。雨のなかを歩くことにいささか飽きて、電車に乗り続けて影森で降りた。思えば、秩父鉄道に来たのも一月ぶりか。そして、日没後の影森に降り立ったのはかなりひさしぶりだ。出庫準備をしている6000系電車が室内灯を灯してあたりを明るく照らすようすになぜだかしびれてしまい、下り方にすこし歩いてみた。