2010年8月20日金曜日

【上信電鉄2010年8月PETIT撮影記 その1】初訪問で999ゲット!

【おことわり】
本エントリーは旧ブログにて、2010年8月20日付で公開した記事を加筆して再録したものです。しばらくトップに公開したのちに、日付順に掲載いたします。記事はいずれも掲載当時のものです。ご注意ください。


あの色褪せた車体はまさしく元西武451系。奥には元西武新101系がいる。広告ラッピングのオリジナル電車となかよく並んでいる。あの奥には貴重な凸型電気機関車デキ1と3がいる。

「ちちぶてつどうのまーくににてるね」と我が子。小さき者たちの記憶力とはじつにすごいな。私はそもそも秩父鉄道の社紋も教えたことはないのだ。したがって、秩父鉄道の「上六マーク」は「上」が6つ(上武)だけど、上信は8つだなとということも教えていない。


2010年8月19日木曜日

【上信電鉄2010年8月PETIT撮影記 その2】西武451系、デキとともに眠る

【おことわり】
本エントリーは旧ブログにて、2010年8月19日付で公開した記事を加筆して再録したものです。しばらくトップに公開したのちに、日付順に掲載いたします。記事はいずれも掲載当時のものです。ご注意ください。



「あそこにあるピンク色の錆びている電車は、古い西武線の電車で、黒い電気機関車はデキ1と3だよ。デキの後ろにも機関車がいるねえ」

早く電車に乗りたがっている我が家のチビッコに説明する私。チビッコは大宮から高崎までの新幹線の満員のデッキで私に抱かれているうちに眠ってしまい、いまじつに不機嫌な寝起きだ。


【多摩地区昭和の電車巡り:前編】なつかしの京王「帝都」電鉄


踏切は鳴り始めてほどなくして音量が変わるタイプ。遮断機が下りてしばらくすると、「特急新宿行き」が猛スピードで目の前を通過する。今日も暑い。そして、踏切が開くのかなと思いきゃまだ警報機は小さめの音で鳴り続ける。すると、ゆっくりゆっくり急カーブを曲がってやって来たのは競馬場線の6000系6416編成リバイバルカラー車だ。初めての訪問でいきなり出会えるとは幸運だ。