2011年12月10日土曜日

【富士急行1980年代】1988年2月、富士急の雪の日。JR中央東線115系山スカ


113系の牙城だった房総半島がいまや走るんです209系に席巻されたいま、抑速ブレーキがついた113系の勾配路線対応型ともいえる115系は東日本では最後まで残る国鉄型車両になりそうな勢いだ。

2011年12月9日金曜日

【富士急行1980年代】1988年2月、富士急の雪の日。元小田急2220形と2300形


富士急を訪れた日のこと。もっぱらもの珍しさからカメラを向けたのは元小田急2200形だった編成だ。でもこの日の昼間はほかにも二つの小田急顔が走っていた。元2220形と元2300形だ。よく見ると側面のドア間の窓の数が違い、2200形同様に3つあるものが2220形で、4つあるものが2300形なのだと思う。2400形以前の小田急は小田急時代に見ていないのでうろ覚えかも、すみません。

2011年12月8日木曜日

【富士急1980年代】1988年2月、富士急の雪の日。元小田急2200形

懐かしい写真をお目にかけたい。1988年(昭和63年)2月に訪れた富士急行の写真だ。

確か前日夜に雪が降り、雪景色を求めてどこかに鉄道を撮りに行こうと考えて、行ったことのない富士急を目指したのだと記憶する。当時の私は秩父鉄道300系電車が好きだったので、同型車3100形のいる富士急は大変気になる存在だった。そして、3100形事故代替車として登場し、今はトーマスラッピングが施されてしまった5000形も、日本車輛が国鉄近郊型電車のパーツを組み合わせて作り出した地方私鉄ロマンスカーといった趣が好きだった。

2011年5月16日月曜日

【2011年5月流鉄流山線撮影記事】若葉の季節にさようなら。流鉄3000形「若葉」こと最後の元西武101系低運転台編成 その2



午前中になん往復か鰭ヶ崎や小金城趾付近で撮っていたけど、集中力も切れ空腹になったので、若葉に「惜別」札が下がったところでひと休みすることにした。考えたら、新松戸まで武蔵野線に乗ってきて目の前の幸谷から歩いたので、まだ流山線の電車に乗っていない。そこでせっかくだからと、鰭ヶ崎から電車で幸谷まで戻ることにした。


2011年5月15日日曜日

【2011年5月流鉄流山線撮影記事】若葉の季節にさようなら。流鉄3000形「若葉」こと最後の元西武101系低運転台編成 その1



流鉄流山線は2009年より西武新101系電車2連を「5000形電車」として導入し、2010年に運用し始めた。TX(首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス)開業による乗客移行にともなう乗降者数の減少により、3両編成では輸送力過剰になったために、すべての列車をワンマン運転で2連化するということが表明されていた。だから、2010年夏の3000形「流星」の引退の時点ですでに「若葉」号編成の引退はわかっていた。


2011年4月11日月曜日

【東武東上線記事】東上線が新鮮だ(その3)

和光市駅手前のアップダウンは魅力的だ
東武東上線と営団地下鉄(当時)有楽町線の相互乗り入れ開始は、少年時代の私にはビッグイベントだった。

なんせあの、セイジクリームや青い線の新塗装の8000系だらけ(9000系は試作1編成のみ。10000系が増えつつあった)で有料特急のない、純然たる通勤路線にして車種の変化という「趣味的な面白さ」の少ない東上線だ。「73・78系がいないと同じ電車ばかりだなあ」と思っていたところに、営団7000系が走るのだ。

2011年4月9日土曜日

【東武東上線記事】東武東上線が新鮮だ(その2)

1986年4月、秩父鉄道上長瀞
私にとって東上線が「近くて遠いお隣」だったのは鉄道に興味を持ちはじめた小学生の頃だ。池袋で山手線の隣のホームの東武電車をよく見ていたし、家族で秩父へ観光で出かけると秩父線内で停泊中の8000系をよく見たから。そう、池袋発の直通特急「みつみね」号と「ながとろ」号だ。みつみね号は三峰口に、ながとろ号は上長瀞で夕方まで昼寝をしている。いまの西武鉄道直通4000系と同じように、秩父線内で間合い運用に入ることはない。

そういえば私が非鉄だった2000年前後に秩父へ乗り入れていた西武新101系は、三峰口-寄居間で間合い運用に入ることもあったようだけど、その頃は秩父からご無沙汰だったので寡聞ながら知らない。もっとも、東武8000系は6両編成で秩父鉄道線内では輸送力過剰だったろう。

2011年4月8日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩父鉄道の桜を見る(その2)

秩父鉄道の上長瀞の桜並木は、荒川橋梁とならんで沿線で最も有名な撮影地だろうか。桜が満開の時期には昔から人出のあまりの多さに近寄るのが気が重くなる場所だ。三脚で場所取りしてあるのも嫌だし。

でも、パレオエクスプレスが通過した後の夕方の桜並木には、嘘みたいに誰もいなかった。

木製の架線柱もいまや貴重だ

2011年4月7日木曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩父鉄道の桜を見る(その1)

ソメイヨシノと菜の花を見ながら走る
ソメイヨシノを見るにはもう遅いのはわかっていた。でも、やはり気になってしまい行ってみた。めざすは、秩父鉄道の荒川沿いの桜堤。

2011年4月6日水曜日

【東武東上線記事】東武東上線が新鮮だ(その1)



西武新宿線沿線住民の私にとって、東武東上線はなかなか乗れないお隣の路線だ。

これは地理的な理由。東上線から我が家までの距離が結構あり、公共交通を用いても所沢か川越にしか出られない。成増や北朝霞経由で普通は乗らない。しかも、先日の震災直後の間引き運転では川越発上り列車が7時台で終了したり。あのときは東武を軽く恨めしく思った。

そんなわけで昔から西武沿線のあちこちで暮らしているのに東武にあまり乗れない私には、子どものときから東上線に乗るのは「プチ旅」感というか、非日常な感じがしていつになってもうれしい。



先日の秩父行きの帰りは東上線で帰宅することにした。熊谷まで行くと御花畑・西武秩父経由では時間がかかるから。もちろん、たまには東上線や小川町までどうせなら八高線に乗りたかったのだけど、この日は東上線も八高線も間引き運転で八高線にはタイミングが悪かった。

寄居からは東上線の8000系ワンマン車に乗る。おばさん声アナウンスを真似して我が子と小川町まで揺られる。8000系も東上線系列でももはや貴重な存在だから、しばし走りを堪能する。

小川町で向かいにいた50050系の準急に乗る。そこで初めて知ったのですけど、窓ごとに「カーテンが自由に止められるよ」とステッカーが貼ってあるんですね。姫宮ななさん入りで! いやー、そんなに萌えだらけでなくてもいいです。



つきのわまで乗りながらホームを見ていたら、続行して快速急行が来た。私らは「時の鐘と蔵の町」の副駅名がある市内の駅で降りるのだから、後から来る電車でも同じだ。


待てよ……快速急行って「フライング東上」(いつの時代よ? そういや「ぶらんで~と東武」って東武百貨店のコピーがありましたね。TO-Bって綴りの時代)ではなくて、TJライナーの50090系だね。私たち親子はいつもTJライナーに乗りたくても乗れないので、50090が来るなら待ってみようかな。

森林公園で降りたら対向ホームには10000系の2連がいた。もちろん撮る。東上線には2本しかいない(んでしたよね?)貴重な存在なのに、連日縦横無尽に走っている気がする。昨日も用務で東上線沿線に出向いたら2本とも見たし。しかも乗れたし。前パンで走ってくれたらいいのに。寄居方に連結するから無理なんだよなあ。うーむ、そのうち寄居-小川町を2コテ×2などでぜひ。姫宮さんは生身じゃないんで、10000系2コテ×2が実現するほうがうれしいです。(姫宮さんももちろん嫌いじゃないけど)

そうこうしていたら来ましたよ、50090! 座席もクロスシート! 座席指定料金なしで乗れてうれしいねえ。椅子はA-Trainの固い椅子だけど、新型スカイライナーも薄くて固い椅子だし、まあ仕方ないか。でももう少し柔らかくしてほしいな。

川越市まではあっというまに到着。東上線よ、たまに乗りに来るからね!


2011年3月12日土曜日

【東日本大震災関連記事】帰宅難民になりかけた日

【はじめに】旧ブログにて2011年3月11日夜のことを書いた記事を加筆しアップいたします。あのときのささやかな記録を残しておくことも必要かと思うのです。そして、あらためて被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

道路上のがれき。外壁が崩れた建物やアスファルトをあちこちで見た
3月11日の地震の日のこと。会社のある東京駅八重洲口方面から、内堀通り、新宿通り、明治通りを伝い、下落合を経て椎名町まで歩いた。早々に家族とは連絡がつき、埼玉県茶畑だらけ市の自宅で無事でいるのはわかっていたとはいえ、どこかのターミナル駅の近くまで歩いているうちに電車が復旧すればいい、と思ったからだ。


2011年3月11日金曜日

【都電荒川線通勤途上鉄記事】さよなら、都電7500形


  さて、この日曜日で都電荒川線7500形電車が運用を終える(*)。以前のエントリーで書いたけど、私が沿線に住んでいた30年以上前は7500形は丸い古い車体だったから、なんとなくまだまだ「新しい」気がしてしまう。でも、昭和37年製造というから、鉄道車両としてはもうけっこうな古さなのだ。

2011年2月20日日曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】さよなら、そしてありがとう。秩鉄1009編成国鉄リバイバルカラー、関西本線タイプ!


2011年2月19日土曜日。天気は晴れ。今日は秩父鉄道1000系国鉄リバイバルカラー関西本線タイプ1009編成(通称「ウグイス」あるいは「ガチャピン」)の最終運行日。私にしてはたいへん珍しく、有名な撮影地で記念列車を撮ってみた。

この場所は、かの政治家ながら国鉄型蒸機マニアでもある以前の国土交通大臣(現外務大臣)が撮影したことで、たいへん有名になった波久礼-樋口間の直線区間。波久礼駅からそれなりの距離があり、以前一度だけ歩いて来たことがあるけれど、電車利用だったら私はふだんは訪れない場所でもある。でもね、今日はここで撮るために珍しくクルマで秩父へ来て、11時50分頃ここを通過する電車を撮るために9時半にはおりました。

2011年1月29日土曜日

【京王6000系撮影記事】さよなら6000系えんじ帯

♪ぴぴぴっぴぴぴっ
駅のホームに電車の近接警告音が響き、自動音声が鳴る。3番線ご注意ください。各駅停車高尾山口行きが参ります……。

すると、本線の電車がやって来るタイミングに合わせて踏切の向こうのカーブをゆっくり曲がってくる電車の音がして、やってきたるは競馬場線6000系2両編成! しかも、なつかしいえんじ色帯を巻いたリバイバルカラー編成だ。

2011年1月28日金曜日

【西武鉄道妄想記】猫武鉄道某駅東西猫自由通路のこと

西武線ってなんか黄色くてかわいくなーい?
所沢ってでかいねー。
都会じゃーん。
いや、乗り換えできるから坂戸みたいなもんでしょー?
越生線こないだ乗ったけど、マジ田舎だよねー。
あ、ごめん八高線だったー。キャハハハハ!


先日、西武新宿線の車内で高校生の女の子たちがきゃあきゃあ言っているのを聞いた。部活の遠征らしく東上線の東松山あたりの子たちらしい。ってか、西武かわいいか? あと、悪いけど所沢のほうが坂戸よりもだんぜん「都会」だろ。坂戸はイトーヨーカドーはあってもデパートはないし(所沢も丸井が撤退してパチンコ屋なので、微妙)!

東上線にも30000系が来るそうで。7300系や7800系なきあと車両のバラエティーが少なく、有利特急も走らないために、車種の豊富さという意味では「趣味的不毛地帯」「8000系砂漠」が長く続いた東上線も、8000系最後の未更新車やワンマン車は走るわ、地下鉄は2路線乗り入れるわ、有料座席指定列車TJライナーは走るわ、さらに30000系も走る楽しげな路線になるわけで、こりゃあ見ものだ。

そんな東上線となんとなく競いあう我らが西武新宿線。都心側のターミナル西武新宿駅はJRや小田急、京王と離れ、郊外側のターミナル本川越駅だって国有鉄道と東武に仲間はずれにされて後からできたはずの川越駅と離れている。「乗り換えないと都心にも郊外にも出られない感」と、少子化、沿線住民の都心回帰が進み、いつの間にか西武新宿駅地下化JR駅乗り入れも地下複々線化も消え、ラッシュ時に10両編成どころか8両編成でも済んでしまう落ち目路線だ(副都心線via東横線直通対応メトロ7000系も8連だけど)。スマイルトレインも10連は池袋線だけで、新宿線はほとんどが8連だからね。そんな沿線某駅(ここでコメント覧にわざわざ駅名出さないでね。見る人が見れば一発でわかるでしょ)を利用する私も、新宿線の「勝手な再建案」は思い浮かばない。人が増えなきゃなあ。田園都市線なんてあと15年くらいは沿線住民が自然増するそうですけど、うらやましい限り。ラッシュはうらやましくないけど。

寒さに震えながらホームで待ちつつ、反対方面行き2000系電車の厚化粧ぶりにため息をつく。もうオンボロになってきたなあ、2000系も。昭和52年(1977年)製造開始だもんね。もう「オジサン」「オバサン」と呼ばれかねないお年であるよ。

新宿線どころか、この駅自体の再開発もままならない。東西自由通路がなく駅の反対側に行くには踏切まで大回りしないと行けない。しかも、つい先頃まで西口改札は夜10時半くらいで閉まってしまう。東口は狭すぎてタクシー乗り場はあっても、大型バスが乗り入れられず、小型のバスが免許維持のために朝晩走るだけ。あと、地元自治体のコミュニティバスか。このバスもなあ、数日おきでしか走らないし。池袋線沿線を結ぶようなフィーダーバスを本気で走らせれば、便利なのに。ないないづくしで吉幾三みたいですね。

でもね、人間にとっては東西改札自由通路はないけど、猫さんたちにはあるんだ。東西自由通路が。ホーム下には猫穴のような連絡通路が設けられているんだよなあ。とか考えていたら。
よく目をこらしてみると