2012年1月24日火曜日

【西武新101系撮影記事】新年初のリバイバルカラー撮影



坂の下にある駅に停まっている電車は私が立っている場所からでは、走り始めて踏切を越えてこちらに向かってくるまではよくは見えないから、形式や塗装がわからない。でも、私の予想が正しければ、今度の快速急行はリバイバルカラーの271編成が先頭に立つはず。まあ、リバイバルカラーではなくても新101系ならあたりだ。

とか考えながら病院裏のカーブで望遠ズームで構えながら狙いをつけていたら。あたりもあたり、大当たり! 先頭はリバイバルカラーの271編成! よっしゃあ!


2012年1月19日木曜日

【KIEV-6S関連記事&秩父鉄道リハビリ鉄記事】デキ102+108の登場!

デキ102がデキ108を牽引して広瀬から出場
オレンジバーミリオンIIと大麻生で交換する列車が遠くから見えて来たとき、あれ、と思った。

水色の車体でヘッドライトが一つ灯っているから。 ご存知の通り、熊谷~武川には普通は貨物列車が来ないのでデキが走ることは少ない。

パレオエクスプレスを広瀬川原からの出入庫時に牽引する緑デキことデキ201はSLシーズンに熊谷~広瀬川原で見られるけど。

広瀬川原から武川のあいだは、広瀬川原で検査を受けるデキが行き来する程度だろうから、簡単に出会えるとは思っていなかったのだ。
逆光だと痺れるほどカッコいい

しかも、ポジをつめたソ連製120一眼レフKIEV-6Sを持っている日に出会うとは。おまけに、デキのうちでもクラシックさが最も好きなデキ102と108の組み合わせで出会えるとは!

2012年1月18日水曜日

【KIEV-6S関連記事&秩父鉄道リハビリ鉄記事】オレンジバーミリオンIIに感激していたら

KIEV-6SとMC ARSAT (VOLNA-3) 2.8/80の基本セット
秩父鉄道を訪れたときの話をしよう。あれは、7505編成の試運転中のこと。高崎線沿線の「ダーチャ」の帰りにKIEV-6Sを持って大麻生に降り立ったのだった。

KIEV-6Sはブローニー6×6サイズのペンタコンシックスマウントを持つ一眼レフで、見かけはもちろん大柄だ。けれど、ペンタックス67やマミヤRZおよびRB67などに比べたら、標準レンズだけつけて持ち歩くにはそう重い感じはしない。

もっとも、私の場合は露出計のない初期形のアイレベルファインダーだ。というのは、シンプルでこいつがいちばん見た目が好きだから。ただし、視度補正レンズは入れてあってもアイピースレンズの「ぐるぐる」が大きい欠点があるのだが。そして、OP/TECH USAのストラップを使っているから、軽くする努力はしている。

でもいいんだ。あれこれレンズを持ち歩くよりも、標準レンズ一本だけというのは潔くて。

そう、私はずっと「カジュアル中判撮影」ができないかと思い続けていたのだった。

なんだその「カジュアル中判撮影」って?  

2012年1月16日月曜日

【KIEV-6S関連記事】レッドアロークラシックを撮る

モノクロームで撮る夜の雰囲気はいいよね

KIEV-6Sで撮るモノクローム第二弾は、西武鉄道のレッドアロークラシック10000系10105編成を撮影したようすをお届けしよう。 この列車は私がデジタル一眼レフに望遠レンズといったヤル気まんまんな装備を提げているとなかなか出会わないのに、カメラを持たないときや走行写真を撮りにくい装備や状況のときにはわりとよく遭遇するという、「私を泣かせる」電車でもある。
横から見たら懐かしの初代レッドアローみたい

 KIEVを提げて歩いたそんなある日の夕方、池袋駅でレッドアロークラシックに出会った。フィルムはモノクロームのイルフォードXP2スーパーで、モノクロだと自慢の赤い帯がわからないよ、とは思ったけれど、前からKIEVでも写してみたいと思っていたのだから、むしろチャンスだと思うべきだろう。 

2012年1月15日日曜日

【KIEV-6S関連記事】千代田線綾瀬支線に乗る

この顔を久しぶりに見るのもうれしい
東京メトロの電車に乗って「ローカル線な感じ」を味わうことはなかなかできない。でも、そんな路線を強いて挙げれば千代田線の綾瀬~北綾瀬間の支線を挙げることができるだろう。なにしろ、3両編成の電車で、しかも、大変珍しくなってしまった電車がのんびり一駅の間を往復しているのだから。おまけに、ワンマン運転だ。

12月のある日、我が子と乗り鉄おでかけをすることになった。都心に行ったついでだったので、都電と舎人ライナーに乗って舎人公園へ行くことを考えた。そのときに思い出したのが北綾瀬の支線のこと。

私が以前乗ったのだって考えたらもう20年くらい前のことだし、いま走っている電車は6000系試作車か東西線で活躍していた5000系アルミ車なんてレアものだ。どっちが走っていても珍しいのだし、行ってみようかな、と。