2012年7月9日月曜日

【小田急8000形ついで撮影記事】やっぱりキミが好き! 小田急8000形をいまさら撮る

私にとって、プライベートや仕事の所用で乗る機会が意外に多い私鉄が小田急だ。幼少期は親戚が小田急相模原駅近くの線路沿いに住んでいて、そこへ遊びに行ったときに、時折そばを通過するロマンスカーが、汽笛ならぬミュージックホーンを鳴らしていたことを覚えている。そして、出身大学が沿線にあって都内から通っていた。お洒落で有名なブランド大学ではなく、工学部と医学部は有名だけど、地方の草食ボンボンが多い頭の悪いほうの大学ね。もちろん、江ノ島に何度も行った記憶もある。子どものころにも行ったし、大人になってからもシツレンするたびにカメラを持ってふらふらと「潮風に当たりに」(苦笑)行った。しょっぱいな、それ。

だが、真面目に電車を撮ったことがない鉄道でもある。撮らなかった理由は特にない。強いて挙げれば、小田急の裾を絞った電車のボリューミーなデザインがずっと苦手だったことだろうか。子どもの頃から最近まで、人間でも女性らしい体型の人はずっと苦手だった。きっとそこに母性を感じるから嫌だったのだろう。いまはどんな人でも好きなのに(以下略)。千代田線乗り入れの「ガイコツ」9000形以外の「小田急顔」デザインがいまいち気に入らなかったことだろうか。お隣を走る京王はもっと大好きだったけど、あちらで好きなのは裾のまっすぐな6000形だったしね。