2013年2月10日日曜日

【1980年代国鉄119系電車:リバイバル記事】「するがシャトル」用119系電車のこと

【おことわり】
本記事は旧ブログにて2013年2月10日付けで公開していた記事を加筆訂正したものです。


水色にベージュの帯の119系電車も塗装を改めて冷房改造されるとすっかりイケメンに

国鉄分割民営化が迫った1986年ごろは国鉄工場や基地公開がさかんに行われていた。分割民営化じたいは、当時の与党による政治的な目的があったというけれど、それまでにすでにスト戦術などにより「国鉄は感じがよくない」と市井のひとたちに思われていたろうから、それを払拭するためにも、国鉄としても懸命な姿を示したかったのだろうと思う。

さらに、自分があたらしく一眼レフカメラを買ってもらい、中学生になっていたのでそれ以前よりも行動半径が広がり、情報収集のアンテナが鋭敏になったために、なおさら、そういったイベント情報をよりキャッチしやすかったということもあるはずだ。

2013年2月6日水曜日

【東急東横線乗車記】特急「キタイゴロド」行きに乗る

キタイゴロドへ行く特急に乗るためにホーム先端へ

あ、そういやきっとこの駅で電車に乗るのはもう最後なのかも!

いきなり乗りたかった電車にすれ違う
そのあと、上り方向には9000系が入れ食い状態でしたよ

最近なかなか鉄道を撮っていないのである。しかも、先週半ばから週末にかけては忙しいのにひどい風邪を引くという大騒ぎも演じたり。もし私の発熱を国連軍に例えるなら仁川から上陸したあと現在の非武装地帯を越えてしばらく敵と対峙していたというところ。体温も国連軍も38度のラインを越えてはいかんですな。

さて、そんな風邪をひどくするきっかけはもちろん自分の健康管理の失敗なのだけど(独裁国家なら見せしめの銃殺刑を免れないだろう)、引きはじめの日に久しぶりに「キタイゴロド」行き特急に乗る機会があったのですよ。今日はそんな話を書こう。