2013年8月29日木曜日

【Nikon1関連記事】「意外とよくて、意外とヘタレ」

センサーサイズが小さいせいで絞りを開いても被写界深度は深め
 Nikon1 V1はなかなかおもしろい。なにごとも経験してみないとわからないものだ、と改めて思う。

以前から、仲間うちでどのミラーレス機が使いやすいか、という議論をするなかで「Nikon1シリーズの動作は結構いい」という意見も聞いていたのだ。画質をほめている人はいなかったけど。実際にNikon1 V2を業務に使っている人も知っている。私にとっては動作のよさというのは結構重要な要素だ。少なくともデジタル一眼レフ(以下、一眼レフと略)ではかなり重視する。

2013年8月21日水曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】夏の夜の夢。センガタン1001編成&1010編成交換!

夜の電車は光のかたまりみたいで素敵だ
 先日は秩父鉄道で、もはや貴重な国鉄型である1000系電車6連(スカイブルー1001編成+オレンジバーミリオンII1003編成。以下、それぞれスカイブルー、オレンジと略)による臨時電車が走った。たいへん盛況だったようで、いつもお世話になっているおっとっとさんによるレポートを拝見し「ををを! こりゃあ長いぜ!」 とシビれるばかりだ。

2013年8月19日月曜日

【Nikon1関連記事】Nikon1を試す(その2)

f2.8でも被写界深度はけっこう深い。輪郭強調をこちらも一段減
【続き】もちろん、センサーサイズが小さいぶんダイナミックレンジが狭く、レタッチ耐性は強くはないので露出オーバーには要注意だ。高感度ノイズリダクションが好きではない私は、ISO400以上は積極的には使ってはいない。ただし、ピクチャーコントロールをモノクロームして高感度ノイズリダクションを使わずに高感度で撮れた絵は、結構好きだ。 また、コンデジならあたりまえの手ブレ補正がないので手ブレにはかなり要注意。レンズのゆがみ補正は本機にはなく、RAW現像時に行う。これはV2ではカメラ内で補正できるようになっている。RAW現像時にゆがみ補正とビネットのマイナス補正(わざと周辺光量を落とす)のがもっかのお気に入りだ。

2013年8月15日木曜日

【東急on西武ちょこっと記事】「伊豆のなつ号」を撮る@西武線内!?

東急では毎年、伊豆観光をアピールするラッピング電車「伊豆のなつ」号を走らせているのは、小ブログにお越しくださる鉄仲間のみなさんにはご存知の通り。 ここ数年は田園都市線の8500系8614編成がその任務を担っていて、東急8000系列ファンのみなさんが田園都市線で伊豆急行カラーをまといながら走る8614編成の様子を撮影して、Web上にアップしてその勇姿を伝えてくれていた。

東急8000系列ファンというよりも秩父7000系列ファン(東急8000系列のなかでもたぶん少数派「メンシェヴィキ」でしょうなあ)の私も、その動向をふむふむと思いながら過ごしていた。たまに半蔵門線でその8614編成に乗り合わせては、「をを、こいつですか! やや、秩父7000系を思い出すぜ(そりゃこちらがオリジナルだもの)。ああ、秩父行きたいなあ」などと、私には伊豆観光ではなく秩父観光をアピールしてくれたものだ。

やっぱりおかしいね、私の言うこと! いいのいいの。私は多数派(「ボリシェヴィキ」)じゃないから! あ、ここの「メンシェヴィキ」とか「ボリシェヴィキ」って大文字使ったら政治的な意味が出てくるからダメよ。ここではあくまでも小文字で、文字通りの意味でしかないからね。 
何かヘッドマークがついているのは見えていたけど、撮影後に拡大再生してびっくり
そんな東急8614編成も先頃検査入場し、伊豆急帯はそのままで「伊豆のなつ」号表示が剥がされたとは聞いていた。そしてつい先日、まさか西武線内でその後継となる今年の「伊豆のなつ」号に遭遇するとは。

2013年8月13日火曜日

【Nikon1関連記事】Nikon1を試す(その1)

f4.5まで絞っているので中心部のピントはなかなかのもの。
四隅は流れる。RAWで撮って周辺光量を多少落とした
 この夏は写真趣味活動は残念ながら低調だ。あまり体調が思わしくないので、こればかりは仕方ない。気長に待つことにするほかない。

そんななか、自分の気持ちに渇を入れるべく、あるいは、ありあまる好奇心を満たすべく、新たな機材を導入した。ニコンのミラーレスカメラであるニコン1 V1薄型レンズキット黒だ。

ここまで書くだけで、カメラにくわしいお仲間のみなさんが「え!」という戸惑ったような顔をするのが見えるような気がするな。

2013年8月5日月曜日

【江ノ電ちょこっと鉄】江ノ電に乗ってみた

なかなかシックなこの塗装は沿線によく似合ってる
 もう2週間ほど前になるだろうか。知り合いの写真家の方が湘南モノレールの江ノ島駅前のギャラリーで写真展をしているというので、ずいぶん久しぶりに江ノ島まで出かけてきた。いや、島に渡っていないから正確に言うと「モノレールと江ノ電に乗って来た」というべきか。

江ノ電にはそれなりに乗ったことはあるのに、考えたらカメラを向けたことがあまりない。古めかしい小さい車両が路地裏や海沿いを走る様子は、とてもフォトジェニックなのに。きっと私にとっては「観光の対象」なのかもしれない。10年ほど前にはソ連製ブローニーカメラであるKIEV-6SやSALIUT-Sで沿線を撮り歩いたことはあるのに、そのときも電車にカメラをあまり向けていない。だから、純粋に電車を撮ろうとしたのは、もしかしたら初めてなのかも。