2013年10月20日日曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】雨が降る、1000系は来ない

パレオエクスプレスも上って行ってしまったあと、予想外の遭遇
この週末は川越まつりなのだそうだ。土日ともにすっきりしない天気どころか、雨が降っているのとあの人出がナンなので、私は自宅にて蟄居している。気温も下がり寒い雨だし。でもね、雨だからこそ撮れる写真がある。たとえば、今日のパレオはきっとすごい迫力に違いない。雨に濡れながら撮るには気合いが必要だけど、「晴天で順光の列車写真」などでは再現できないカッコよさが得られるはずだ。
上り列車を予想しながら見送る

2013年10月14日月曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】さよなら国電リバイバルカラースカイブルー1001編成!

手元にある一番古い1001編成の写真。1987年7月、武州日野
さて、秩父鉄道1000系国電リバイバルカラー1001編成スカイブルーは、運用離脱最終日に1010編成秩鉄オリジナルカラーと6連を組んで走り、引退した。そもそも、1986年に秩父鉄道にやって来たのだそうだから、27年も秩父の地で活躍してくれたことになる。

2013年10月11日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】1001編成(1001F)スカイブルー、夜を闇を切り開け!

さて、12日(土曜日)の秩父鉄道1000系1001編成スカイブルー(1001F)の引退まで、残すところあとわずかとなった。このところ、自分のパソコンのハードディスク内にあるスカイブルーの画像を引っぱり出しては懐かしんでいる。撮影機会はそれなりに多かったのでカット数は結構ある。けれど、どうしても似たような絵ばかり撮っているのは自分の未熟なところだ。これはもう仕方がない。

羽生方面より1001編成の到着

2013年10月6日日曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩父谷のオレンジバーミリオン1003編成(1003F)


台風接近のせいか、雨がちの曇りの日が続く。運動会シーズンの学校もあり、予定変更に悩む人も多いだろう。こういうすっきりしない気候だと、明るい色の電車は見ていて楽しい(気がする)。あ、でも気温が下がってパレオエクスプレスの煙と蒸気はなかなかカッコよかったのだろうな!

引退が刻一刻と迫る秩父鉄道1000系電車のうち、10月12日(土曜日)に運用離脱が予告されているスカイブルー1001編成(1001F)以外に、オレンジバーミリオン1003編成(1003F)と秩鉄標準色1010編成(1010F)のいずれにも、1001編成の引退を惜しむかのようなヘッドマークが取りつけられている。1003編成はすみれ色のグラデーションの地に「さよなら旧国電カラー 1001F」とあり、スカイブルーとオレンジバーミリオンが並ぶ絵柄。1010編成には黄色のグラデーションの地に「さよなら旧国電101系 1001F」とあり、スカイブルーと標準色(センガタンでいうところの「デハブルー」)が並ぶ絵柄。いずれも色合いや絵柄が違い、さらには文の内容を変えているところが秩父鉄道のこだわりというか、相変わらず細かくいい仕事をしているな! と思わせるところだ。こだわらない鉄道会社ならきっと、どちらも「旧国電101系」なら共通化できるじゃない、と思うだろう(笑)。

2013年10月5日土曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】スカイブルー1001編成(1001F)最後の力走中!


いよいよ、秩父鉄道1000系電車の引退も秒読み段階に来た。すでに予告されている通り、10月12日(土曜日)のミニイベントをもってまず1001編成(1001F)スカイブルーが運用離脱する。こんどはなんと、1001編成スカイブルーと1010編成秩鉄標準色の混色編成が走るという(リンク先は秩父鉄道ニュースPDFファイルです)。また、秩父鉄道公式Webサイトにはこの週末は固定運用で走ると予告されておりすでに、ヘッドマークを提示して運用中だ。

思えばここ数年本当に楽しませてもらった。特に、個人的には高崎線沿線「ダーチャ」暮らしのあいだに「散歩」と称して沿線に通っては、スカイブルーをはじめとする1000系電車の力走に酔いしれつつ、私自身の体力作り(?)と気持ちの鮮度(というより、「1000度」かも)を保つ精神衛生上の貢献をしてくれたこともあり、ほんとうに秩父鉄道の関係者のみなさん(と1000系電車)には感謝の気持ちでいっぱいだ。交友関係も広がったし、つくづく鉄に「出戻り」してよかったと思う。私にはとても思い入れのある被写体になってくれたからだ。