2014年4月12日土曜日

【秩父鉄道1980年代】急行「秩父路」用300系電車のこと その1

1985年10月1日、三峰口にて301編成

【はじめに】以前のブログで何度か記事にした秩父鉄道300系電車について、加筆して再録する。第1回目は300系電車の概略についてお話しする。

留置線に引き上げた301編成。800系も懐かしい

■秩父鉄道初の新性能ロマンスカー
 秩父鉄道300系は昭和34年(1959年)に日本車輌東京支社で製造された、車体長20メートル、幅2.8メートルの大型車体に2扉セミクロスシートを備えた、秩父鉄道初のカルダン駆動と発電ブレーキを備えた新性能ロマンスカーだった。電装品は三菱電機製。メーカーは日本車輌東京支社で電装品は三菱製という組み合わせは、秩父鉄道では昭和25年(1950年)に鋼製車体で登場した100形電車でも実績があった。登場時はデハ301+302およびデハ303+304のオールM2両固定編成だった。


デハ301。屋根上ランボードは1980年代に短縮化された

 デザイン的にも、ウインドウシルヘッダーのない車体に大きな側面窓を持ち、半流線形の正面には大きな二枚窓とヘッドライトを窓上に備える、当時広まりつつあった湘南型のスタイルを採用した、昭和30年代前半の流行をあますところなく取り入れた電車だった。さらに、肌色に小豆色のツートンカラーを採用したのもこの電車から。秩父鉄道にとっても初物づくしの電車だった。国鉄の新性能車である90形(101系)が昭和32年(1957年)にようやく製造が始まり、その後急行形の153系が登場するのは昭和33年(1958年)であり、いっぽうの首都圏の大手私鉄でもまだ戦前から戦後に作られた旧型電車が幅を利かせている頃だった、なおのことたいへん斬新な存在だっただろう。

サハ351。こちらは昭和41年(1966)の増備

■高度経済成長を背に
 この電車が登場した頃の昭和34年という時代背景を想像してみよう。朝鮮戦争後の好景気と高度経済成長の時代に、セメント生産量と輸送量は伸びる一方だった。昭和31年(1956年)には秩父セメント第二工場が操業を開始している。それにあわせて、昭和26年(1951年)には直流1200Vから1500Vへ昇圧し、単線自動信号化や電車のスピードアップとともに、施設の増強や機関車と貨車の増備が着々と行われていた(*1)。

デハ302。車端部の小窓は便所で曇りガラス

 また、貨物輸送だけではなく、通勤通学と観光客の増加により旅客輸送も伸びつつあった。世の中の暮らしに余裕が出てきてレジャーブームが起きると、秩父沿線は観光地としても再び注目されはじめた。昭和27年(1952年)の国鉄高崎線大宮〜高崎間の電化から間もない昭和31年には、週末の国鉄からの直通電車の運転も開始されている。東武東上線からの直通も昭和29年(1955年)に開始された。また、同じ頃に三峰ロープウェイ(昭和14年開業。昭和39年に車両と機器を交換。平成19年廃止)や宝登山ロープウェイ(昭和36年)も整備されている。

 開業当初に用意した木造車体の電車の電動機を高出力のものに交換して台車を更新したのち、日本車輌東京支社で新造した運輸省規格型の鋼製車体に転用するなど、どちらかというと堅実なやりかた(*2)で電車を増備していた秩父鉄道は、こういう背景で日本車輌が当時、地方私鉄向けに売り込もうとしていたロマンスカーを購入したというわけだ。300系は昭和31年に狭軌鉄道で初めてWN駆動を採用した富士山麓鉄道(現 富士急行)3100形と基本構造はよく似ている(*3)。そのほか、日本車輌製ロマンスカーには名鉄5000系の設計をもとにした車体長18メートルのものもあり、こちらは長野電鉄(2000系)富山地方鉄道(10020形、14720形)に導入された。いずれの各社とも国鉄からの乗り入れ列車があり、施設的にも国鉄サイズの電車を運用できる地方私鉄でも優等生である私鉄だった。

(*1)昭和31年(1956年)には秩父セメント第二工場が操業を開始している。それにあわせて、昭和26年(1951年)には直流1200Vから1500Vへ昇圧し、単線自動信号化や電車のスピードアップとともに、施設の増強や機関車と貨車の増備が着々と行われていた秩父鉄道創立110周年記念コラム 秩父鉄道110年の軌跡 第7回黄金期より。

(*2)開業当初に用意した木造車体の電車の電動機を高出力のものに交換して台車を更新したのち、日本車輌東京支社で新造した運輸省規格型の鋼製車体に転用するなど、どちらかというと堅実なやりかた:当時の運輸省による電車製造に関する割当をクリアするためでもあったのかもしれない。

(*3)昭和31年に狭軌鉄道で初めてWN駆動を採用した富士山麓鉄道(現 富士急行)3100形と基本構造はよく似ている:300系には車体の裾絞りがないこと、前部ドアのデッキがないことと配置の違い(3100形は運転室直後に客用扉がありデッキが設けられていた)、電動機の出力の向上(3100形は55KW、300系は75KW)、台車の違い(3100形はNB-1、300系は301形編成はコイルばねのNA-4P、303編成は空気ばねのNA-301)、1960年代に前面窓下に通風口が設けられ窓がやや小型化したこと、そして中間車が昭和41年に増備されたことを除けばたいへんよく似ていた。富士急の電車をもとに秩父鉄道仕様でメーカーに注文したということなのだと思われる。実績がある車両を選んで発注したとすればやはり「堅実」な選択をしたともいえる。なお、製造当初から将来的には中間に付随車を増備して3両編成にもできるよう主電動機の出力は75KWとされていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿