2014年2月28日金曜日

【ニコ爺デジタルカメラ関連チラ裏話】新RAW現像ソフト「Capture NX-D(β版)」のこと


ニコンのフラッグシップデジタル一眼レフがD4Sにモデルチェンジすることが発表された。センサーが新しくなりAF性能も向上したという。さらに肌色の再現性が向上したとか。先のソチオリンピックでも恐らく活躍したのだろう。それにしても、フラッグシップ機が2年でモデルチェンジするとは、いかにもデジタル時代らしい。

私が興味を持ったのは、同時に発表されたRAW現像ソフトのほうだ。「Capture NX-D」(以下、NX-Dと略)として新しいソフトのベータ版の公開がなされ、今後は無償提供となるという。そして、現行の「Capture NX2(以下、NX2と略)はこの新しいソフトが正式提供されたら、サポートは終了するというのだ。


2014年2月27日木曜日

【東武東上線PETIT撮影記事】81111編成、けっこうお疲れ

こりゃあ再塗装しないといけないね
 既報の通り、東武東上線(東上鉄道)の開業100周年を記念して、東上線筋に残る8000系ワンマン車の81111編成が、近々セイジクリーム塗装になるという。しげしげ見ると、81111編成の塗装もけっこうくたびれているから、セイジクリームではなくとも塗り替えは必要だろう。

2014年2月26日水曜日

【秩父鉄道沿線駅前散歩】皆野駅前にて


最近、ひどい風邪を引くことがかなり減った(*1)。ありがたいことに引いても軽く済む。それなのに、今日は久しぶりに軽い風邪を引いてしまった。秩父1010編成が引退して気が緩んだのか。正直言うと気が抜けたことは確かだ。

2014年2月25日火曜日

【秩父鉄道デキ撮影記事】秩父路いぜん雪深し、なれど鉱石貨物列車は走る

波久礼で下り電車が追い抜いた鉱石貨物列車
所用を済ませて日曜日午後に秩父を目ざしたのは、撮影が目的ではなかった。でも、念のために最小限の機材はかばんに入れていた。西武秩父線は「特別ダイヤ」だそうであてにならず、用事の関係もあって東武東上線寄居経由で来た。寄居から乗り換えた秩父本線の普通列車(7001編成でしたぞ)から波久礼で待避する鉱石貨物列車が見えたので、どうせなら撮ってみるかと思い、乗っていた普通電車を降りた。

2014年2月24日月曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】"Last Run"ヘッドマークを掲出した秩鉄1010編成

走ることはなくてもラストラン記念ヘッドマークを誇らしげに掲示
2月23日(日曜日)の秩父鉄道1000系1010編成運用離脱の日に、1010編成は動くことはなかったようだ。どうやら、2月11日(火曜日・祝日)以来、動いていなかったようだとも聞く(2月24日追記:『今日の一枚』に22日撮影でパンタグラフを上げている写真が投稿されているので、広瀬から回送され、サービスパン上げしてくれる程度の動きはあったのだろうとは思う)。依然として秩父本線は雪害による減量ダイヤでの運行であり、影森以遠の運転再開のめどはついていないようだから、やむをえない。

でも、秩父鉄道は留置中の1010編成に用意してあったラストラン用の記念ヘッドマークをちゃんと装着してくれた。運用離脱の日にふさわしい最後の晴れ姿に整えてくれたというわけ。そもそも、イベントの代わりに熊谷駅留置線の「撮りやすいところ」に留置してくれたのではないかという気もする(妄想ですが、あながちまちがってはいないと思いますよ)。駅には1010編成と別れを惜しむファンがぽつりぽつりと現れては、思い思いにシャッターを切っていた。私もご相伴にあずかった。

2014年2月23日日曜日

【秩父鉄道1000系記事】さよなら1010編成


秩父鉄道1000系1010編成は2月23日(日曜日)で引退記念イベントなしで運用離脱する(22日土曜日の貸切臨電と23日日曜日のラストランは行われなかった)。ここ数日の動きは知らない。自分自身に所用もあり、さらに影森〜羽生間で減便して運行しているうえ、西武秩父線が金曜日まで芦ケ久保駅の除雪作業で不通でもあり、熊谷経由か寄居経由でないと行けなかったからだ。そこで再掲載のカットを含めて、ここ数年の姿を振り返ってみることにする。

2014年2月22日土曜日

【ニコ爺的カメラチラ裏話】Nikon 1にまつわるエトセトラ

「Nikon 1(ノンレフレックス)は、商品計画を見直す。今期のレンズ交換式カメラを55万台下方修正するが、その大半はNikon 1」(2014年3月期 第1四半期 決算説明会資料より)と昨年に発表されたNikon 1シリーズ。その後は一昨年までの新製品の展開がピタッと止まっているかのように見える。実際、AW1と対応防水レンズ2本、そのアクセサリーを除いてシリーズ新製品は出ていない。 

この「計画見直し」をはっきり実感したのはCP+2014会場において。タッチアンドトライはほとんどが一眼レフで、Nikon1シリーズはV2、AW1、そしてS1(未確認)の3機種各1台だけ。AW1を水に沈めたディスプレイはあったけど……という、かろうじて展示はしますけど、一眼レフのほうを買ってくださいね、というデモンストレーションぶりだったのだ。
CP+2014でのガラスケースのなかのNikon 1 AW1 

出遅れたNikon 1ユーザーである私としても、Nikon 1シリーズについて賛否両論は十分理解できる。私が評価できるのは、位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAFは使いやすく、レンズを選べばけっこう画質も悪くないということ。いつもいつもそう書いているけど、これは強調したい。
流し撮りばかりしているわけではないですよ

2014年2月21日金曜日

【秩父鉄道1000系&C58363撮影記事】ニコンF2を持って行きたい

1005編成が元気だった頃(再掲載) 

もし週末の秩父1000系1010編成引退関連のイベントに行くなら、久しぶりにフィルムカメラを持ち出してみようかな、と考えていた。35ミリ判のニコンF2にするか、あるいはブローニーならキエフ6Sか、などと。実は先日の秩父でコンタックスRTSIIIで撮っている方とご一緒して、カッコいいなと思ったからという単純な理由。聞けば中古で買ったそうで、カメラ事業を撤退した会社のカメラを現役で使う勇気はすごいと感心した。以前も、キヤノン旧F-1にFD100ミリF2などという、懐かしい組み合わせで撮影している方を見て、ものすごくうらやましかったことも思い出した。私はずっとニコ爺ではあるけれど、キヤノン旧F-1の黒塗りと三角頭、モータードライブのゴツさがたまらなく好きなのだ。さすがにこれから買う勇気はないけど、キヤノン新旧F-1やEOS-1シリーズはどれもとても魅力的だ。私はツァイスレンズにコンプレックスを持つキヤノンファンのニコ爺なのだ。

もっとも、撮影を前にしてそうして夢想(半ば妄想)をするのは楽しいが、シビアにコストを考えてしまう貧乏性の私は、直前になってたいていはデジタル一眼レフにしてしまうのが常だ。せいぜい、マニュアルフォーカスニッコールレンズにしてD2Xボディで「F2ではないけど、マニュアルフォ―カスで楽しむ」ことをするくらい。まあ、昨今のフィルム代の高騰と現像代を割り引かなくなったことはやはり考えてしまう。

それに、ポジフィルムのラチチュードの狭さや、高彩度フジクローム系列の赤浮きもスミっぽさも、最近のデジタル一眼レフの(疑似)ダイナミックレンジ拡大技術の向上を見ると、あえて使いたい気持ちを失せさせることは確かだ。好きだった富士のアスティア100F、コダックのエクタクロームE100SやE100G、あるいはカラーネガのポートラ160NCが懐かしい。最後に、35ミリ判のポジだけで秩父で撮ったのは2009年8月だったはず。あのときだってすでにD2Xを使っていたのだ。

だから、私にとっては「フィルムで撮りたい」という気持ちはほとんどわかない。わき起こるのは「ニコンF2を使いたい」「ブローニー判のソビエト製一眼レフを使いたい」という気持ちであって、せいぜい使いたい機材がフィルムカメラだからやむを得ず使わざるを得ないというところ。

2014年2月20日木曜日

【秩父鉄道1000系記事】1010編成引退イベント中止に

 今週末(22日土曜日と23日日曜日)に予定されていた、秩父鉄道1000系1010編成の引退イベント(22日の貸切臨時列車運転と、23日のラストラン)が、積雪のために中止となると発表された。もちろん残念ではあるけれど、こればかりはもう仕方がない。なにしろあの雪だもの。

2014年2月19日水曜日

【東武東上線PETIT撮影記事】雪の日の東上線8000系ワンマン車

もうすくセイジクリームになる81111編成
先日の大雪の日。早々に引き上げたものの寄居から乗り換えた東上線はすでに間引き運転を行っていた。小川町から上りは各駅停車と準急だけ。それでもあとになって思えば、走っていただけありがたいというような降雪だったから、文句は言えない。

2014年2月18日火曜日

秩父〜寄居、18日火曜日より運転再開

都心部の積雪はほぼ融けたとはいえ、私の住む郊外では表通りから入るとまだ雪が残り、路面凍結している箇所が多い。最大で98センチも積もった秩父地方はさぞかし不自由だろう。秩父地方在住のみなさんには心よりお見舞い申し上げたい。
思えば、まだこの頃積雪量はそう多くなかった

2014年2月16日日曜日

【富士急PETIT撮影記事】5000形電車、上大月にて

首都圏の大雪は洒落にならない降り方だった。雪に慣れない地方だから仕方ないとはいえ、積雪による想定外の事態が多数起きた。私が驚いたのは、パシフィコ横浜で開催中のCP+2014が15日土曜日は開催中止になったこと。同日未明の東横線元住吉駅構内での追突事故により、会場へのアクセスがしにくくなったことが大きな原因であると思われるが、大昔のカメラショー時代から数えても、積雪による中止は初めての事態だった。いちばん来場者が見込まれる土曜日に交通機関が動かないのは仕方がない。

さて、そんなわけで筆者は自宅で仕事をすべく絶賛蟄居中なわけだが、少し前に久しぶりに一瞬だけ立ち寄って写した富士急5000形の姿をお見せしよう。
車掌が切符を回収するのですね

2014年2月15日土曜日

【秩父鉄道7800系撮影記事】大雪のなかのナナハチ

つい先日までわりと穏やかな陽気が続き「今年の冬は穏やかだ」などとここにも書いたのに。週末ごとに大雪が降ることに驚いている。いやもう、本当によく降ること。カメヲタとしてはうれしいのだが、運行を維持する公共交通の従事者のみなさんのご苦労は忍ばれる。 そして、鉄ヲタ的には……いやー、ナナハチ(秩父鉄道7800系)も大雪のなかを疾走して来るとカッコいいな! と感心してしまったのでして。すみません。
ナナハチ疾走!

2014年2月14日金曜日

【チラシの裏】横浜遠足電車絵日記


今年も、一年に一度横浜で行われるカメラ写真映像用品ショーである「CP+2014」が始まった。数年前からパシフィコ横浜を会場とするようになり(*1)、これに関わる人は毎年この時期に横浜詣を行うようになった。不肖ワタクシめも今年もオシゴト(*2)を拝命したので早起きして向かった。

昨年は私は直前に熱を出すというダメっぷりを発揮し(*3)副都心線直通渋谷行きで電車寝し、東急渋谷駅の階段をフラフラしながら横浜へむかったものだ。あのときはキツかった。

今年は数日前から体調管理をしっかりしたうえに、西武線内発快速急行元町・中華街行きに乗れたのでバッチリである。副直バンザーイ!

2014年2月13日木曜日

【東急5050系4000番台撮影記事】もっと光を! Shibuya Hikarie号疾走す

ををっ! Shibuya Hikarie号!
昨年春に登場した東急5050系4000番台4110編成「Shibuya Hikarie号」は、東横線内はもちろんのこと、メトロ・西武・東武の各線内を縦横無尽に走り回り、神出鬼没という印象すらある。

2014年2月12日水曜日

【秩父鉄道7000系撮影記事】2014年のヘンテコ顔7002編成

「ドラマチックな状況で遭遇する」ジンクスは今年も健在
秩父鉄道のアイドル的存在をあげろという問いがあるとする。あなたがもしC58363とか1000系1003編成(または1010編成)と答えるなら、あなたはかなりまっとうだ。社会的に幸せな人生を過ごすことができると思う。赤デキや茶デキ! と答えるあなたは通ぶっているだけでけっこうまだ純真だ。デキ102やデキ107&108、などとデキの車番を指定するようになるなら、リア充から脱落する黄信号が灯る気がするので要注意。7001編成や7501編成と7504編成かな、と答えるならあなたはただの東急ファンだ。

2014年2月11日火曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】枯れ野のなかで、1010編成

週末の大雪は首都圏の鉄道各社で運休や減便が行われるなど、鉄道事業者のみなさんの運行維持への苦労はたいへんなものだったと思う。土休日であったのがせめてもの幸いだったというべきか。

秩父鉄道でも土曜日早くから減便が行われたほか、日曜日は午前中の運休、影森〜三峰口間では月曜夕方近くまで運休して除雪と安全確認が行われたようだ。どうもみなさんお疲れさまでした。

逆光+古いレンズなのでフレアっぽい

2014年2月10日月曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】スカイブルー1001編成、夜の駅にて


SL運行時期や観光シーズンの日中の人出が嘘のよう
先日来から、気になって自分のカメラのファインダーの見え方やレンズの絞りによる描写をあれこれ試したり、過去に撮った写真を見返していて、興味深いことを知った。

私が好きな35ミリレンズのうち、Ai AF Nikkor 35mm f/2D(以下f/2Dと略)とAi Nikkor 35mm f/1.4S(以下、f/1.4Sと略)(*1)を比べていて、新しいf/2Dは明快な描写をするレンズだと思っていたのに、画面全体に均一な解像感を得るためにはf3.5以上に絞らないとけっこう「ほわほわ」であること。

いっぽう、f/1.4Sは絞り開放ではハイライトがにじむ、ピント合わせのしにくいレンズながら一絞りでかなり明快になることは体験的に知っていたとはいえ、f2.8での描写はf/2Dよりも私の好みかもしれないこと。

そして、私の所有するD7000のオートフォーカスは、中央部分のフォーカスエイド機能は位相差AFでもきちんと測距できることもわかった(ただし、ミラーの調整は以前自分で行ったので、出荷状態のままではない。追い込むことできちんとすることはわかった)。むしろ、ファインダースクリーンの見た目だけであわせるには、私の目では後ピンにしがちであることもわかった。D7000をもう少し信用しても大丈夫だった。

2014年2月9日日曜日

【山陰方面2002年】「空が明るい」境港へ、キハ33

交換待ち。境線キハ33-1001

さて、数回にわたり写真術の心得めいたものや旅への考察やらを書いて、みなさんを呆れさせた。今回で2002年9月の山陰行きの話はおしまいにしよう。

2014年2月8日土曜日

【山陰方面2002年】キハ58、米子の夜

米子駅にて
「旅に出る」

この言葉はまるで、魔法のような響きを帯びて聞こえる。使うときにもいささかの気負いか、あるいは冗談めかして、気恥ずかしさからもごもごと口にするはずだ。謹み深い人なら単に「出かける」と言うだけだろう。大仰な感じがするからこそ、魔法のような何かを帯びるのか。

とにかく、行き先はどこでもかまわない。普段の行動半径より遠いところに移動する。それだけでどうして抗い難い魅力を覚えるのだろう。そしてそれはたいていあっけなく終わる。さらに、日時生活が始まると忘れてしまうだろう。

2014年2月7日金曜日

【山陰方面2002年】砂丘までキハ58で

米子から乗ってきたキハ58の「とっとりライナー」
 先日、いすみ鉄道でキハ52+キハ28の急行に乗った(指定席のあるキハ28に乗車した)際に、そういえばキハ28・58に乗ったことはいままでなかった気がしていた。でも、それは勘違いだったことに気づいた。2002年9月に山陰地方へ旅行した際、米子から鳥取まで乗った快速はキハ58だったことをすっかり忘れていた。
鳥取砂丘は小さかったけど印象的だった
この頃の写真は以前のブログを始めた頃にいくつかアップした記憶がある。このときは植田正治写真美術館に行くために米子に泊まり、ついでに境港、鳥取砂丘に足を伸ばしたのだと記憶している。カメラはNikon New FとNikon F2 Photomic S。Aiニッコール20ミリF2.8S、28ミリF2.8S、そしてマイクロ55ミリF2.8Sを持って行った。その頃常用していた富士フイルムのネオパン400PRESTOを意図的に粗粒子現像して、昔のコンポラっぽい仕上げにしていたはずだ。

そうか、12年前なのにだいぶ昔のことのようだ。鳥取では雨に降られたり、一緒に行った職場の同僚とけんかしたりしたのだった。私より先に会社を辞めたその同僚の消息もまったく知らないけど、いったいどうしているのだろう。

その時の写真をアップしていたエントリーに書いてあった生意気な記事を見て吹き出した。エントリーは2005年7月6日とあるけど、驚くほどいまと言っていることにブレがないのだ。以下、引用してみる。

「雨の日にモチベーションが下がる」みたいなことを書いたけれど、昔撮った写真を見てみると、好きな写真は雨の日のものも多かった。

そうなんだ。自分の写真に関しては画面内に何らかの「ドラマ」がほしい。静かなドラマでもいい。「ちょっとした何か」が画面上にほしいのね。
雨の日はそう、「ちょっとしたドラマ」がたやすく得られる(気がする)のだ。半端な記録写真を撮ってもしょうがないからねえ!

うはっ! いまと同じことを言っている。文章の稚拙さには顔から火が出るような恥ずかしさがあるとはいえ、その真意はいまも変わらない。ここでいうドラマとは「物語」と置き換えていただいても構わない。要は、見る者が何かを連想できるものでありたい、ということ。ああ、おかしい。私はどれだけ頑固爺なのか。

【共通データ】Nikon New F・Ai Nikkor 20mm f/2.8S・Neopan 400 PRESTO(D72現像)

2014年2月6日木曜日

【西武新宿線PETIT撮影記事】西武線で雪を見る

昨日の天気予報にはとても驚いた。大外しすることは近頃あまり見ないけど、本当に午後から大雪になったから。

都内は降っていなかったのに、所沢市内に入ったらこんな!

2014年2月5日水曜日

【1980年代国鉄165系撮影記事】パノラマエクスプレスアルプスのこと

原宿宮廷ホームでのデビューイベントにて
「フジサン特急」として富士急行の観光列車として名物的存在だった富士急2000系第二編成が、今週末で運用離脱するそうだ。残念ながら私は行くチャンスを作れないままだ。もうほら、大量のおっかない国鉄・JRファンのみなさんで大騒ぎみたいだし。

以前も書いたけど、旅行とか外出とは習慣のなせるものだ。鉄道撮影について出不精というか、お気に入り路線に深く入れ込むたちの私は、行く機会のない路線になかなか足が向かない。そういう人が国鉄・JRファンがコワイとか書く資格はないねw いや、どんな人たちでも集団になると集団ゆえの傍若無人さみたいなものを感じて、ほんとうに怖いのだもの。

富士急は一度しか訪れたことのないまま。それも、三ツ峠で降りて寿まで歩いたことがあるだけ。1988年の雪の降った日に、元小田急2200形を撮った例のときだけだ。沿線の雰囲気はよかった。でもそのときはオリジナル車の3100形や5000形を撮りたかったのに現れなかったこと、中学生にはビビるような運賃の高さだったことから、訪問はそれっきりだ。

2014年2月4日火曜日

【西武多摩湖線新101系撮影記事】早春の「秋号」、多摩湖北線を行く

今年の冬は穏やかな気がする。首都圏でいちばんが積雪量が多いのは2月らしいから、これから大寒波到来! ということがあるのかもしれないが。

いま梅があちこちで咲いているようだ。長瀞宝登山のロウバイが見頃だと、池袋や西武鉄道の駅でさかんにキャンペーンを繰り広げている。たしかに、自宅付近の梅もちらほらと咲き始めて、あたりに香りを振りまいている。 

さて、この週末は自宅にいたのだけど、穏やかな日差しに誘われて、近所の電車を見に行ってみた。なんとなく乗り継いでたどり着いたのは湖のほとりの遊園地入口の駅。西武遊園地駅だ。

白い電車と赤い車……

2014年2月3日月曜日

【秩父鉄道5000系撮影記事】5000系の動向は

今年度で秩父鉄道1000系電車が引退することはもうわかるとして、実は今後の動向が気になるのは5000系だ。7000系シリーズ(7000/7500/7800系)による1000系の置き換えが終了することで、7000系列の増備はいったん休止するのか。それとも、2連である7800系によって5000系も置き換えられるのか。

2014年2月2日日曜日

【2017年8月25日加筆改訂:ニコンカメラチラ裏話】D7000の光学ファインダーを自分仕様にする

【はじめに】
本記事は2014年2月2日付エントリーながら、いまでも検索エンジンでお越しになる方の閲覧数が多いことから、2017年8月25日づけであらためて加筆し、改訂いたしました。いまやD7000はニコンデジタル一眼レフの7000台シリーズとしては、D7100、D7200、D7500が発売されて、もはやD7000は3世代前の機種になりますが、その使い方に悩む方がいまでも多いのかもしれません。そんなみなさんにとってもしご参考になることがあれば、筆者としても望外の喜びです。

なお、文中にあるKatzEye Opticsは交換用スクリーンの生産をやめてしまったようです。また、このあと発売されたD750やD810、あるいはD7100およびD7200、D7500では位相差AF素子および、おそらくは動作アルゴリズムの改善が図られたのか、マルチCAM4800系オートフォーカスセンサーモジュールを用いたD7000、D600、Dfよりも、AFはずっと使いやすくなりました。2017年に発売されたD7500も同様で、AFに困らされることは筆者にはありません。とくに、暗所での撮影は後継機種を用いるほうが確実です。筆者自身は、D7000はいまでもときどき使用していますが、文中にある拡大アイピースは外して、ライブビュー撮影で室内のブツ撮りや予備機として限定的な用途で使うことにしています。後継機がすでに発売されているいまとなっては、それもまたやむを得ないのかもしれません。

なお、本文中にはD7000に備えられているAF微調整による修正は行なっていません。AF微調整以前に、まずメインミラー及びサブミラーの角度がきちんとしていないかぎり、AF微調整の意味がないと筆者は考えます。おそらく、本記事を読まれるかたのうち大半はAF微調整は自力で行えると思えますし、記事を複雑にするのを避けるために、AF微調整について記述を行なっていません。いずれにせよ、本記事はユーザーレベルでのミラーの角度の調整を推奨するものではありません。ユーザーレベルでのミラー角度調整に失敗し、そのうえでAF微調整を行い、かえって調子が悪くなるというのも困ります。ご了承くださいませ。

なお、本記事は今後はあきらかな誤記や事実誤認以外の改訂を行うつもりはございません。記事中のものは2014年2月の執筆時のものです。ご注意ください。

■D7000のAFにあれ? と思う
以前から何度か書いている。ニコンD7000の光学ファインダーは私には残念ながら、素のままではピントが合っているのかよくわからない。スクリーンも倍率も。うーん。以前のカメラや下位機種よりはずっと見やすいとはいえ。

また、オートフォーカスは中心の測距点以外は挙動が怪しい。中央の挙動も怪しいことがあるが……。そうそう条件が悪いと思えない場合にも測距不能になることがあり、とても残念だ。そのため私は、D7000ではマニュアルフォーカスモードもしくは、昔から持っていたマニュアルフォーカスレンズを使う機会が多い。こういうときに思うのは、私の目が悪くなければいいのになあ、という嘆きだ。それでも、ピントを外していることはまだわかる。

ここまでAFは食いついていたのに

急に測距不能になることがある

D7000に限ったことではないが、デジタルカメラでいちばん確実にピント合わせをするのは、光学ファインダーはあきらめて背面モニターで拡大表示を行いながらライブビューで合わせること。AFでもMFでもいい。なにしろ、撮像面で合わせるのだから正確さは原理的にはいちばん確実だ。

とはいえ、この方法では動体撮影でAF連続撮影はしづらい。だからこそ悩むのだ。


どういうわけか趣味用途ではこの組み合わせが一番好き

2014年2月1日土曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】北風を背に、1010編成現る

冷たい北風の吹きつけるなか、1010編成現る!
秩父地方で早朝に雪が降ったある日、1000系電車から田んぼのなかの駅に降り立った日の続きだ。冷たい北風が吹きつけるので、空気中のちりが飛ばされて、順光側を見ると青空がまぶしい。