2014年9月29日月曜日

【秩父鉄道撮影記事+α】秩父ジオパークトレイン7502編成に乗る


先日の秩父鉄道訪問で、すっかり忘れていたことがあった。それは、秩父ジオパークトレイン7502編成のこと。先日も記事内で言及したくせに。なんと我ながら冷淡であることかとあきれてしまうのだが、それはおそらく、シモブクレちゃん7500系だからなのだろう。

御花畑で電車を待っていると、壁に貼ってある秩父ジオパークトレインの掲示によれば、固定運用とある。そういえば、Takaさんのところにも「川原明戸でパレオの1本前に来る」と書いてあったっけ。川原明戸(大麻生〜明戸)で「パレオエクスプレス5001列車の1本前」ということは1519列車なので、御花畑ではパレオの3本だよなあ……って、次に乗る下りじゃんか! いかん、総員迎撃態勢に着けえええ! とばかりに改札開始後に望遠を着けて待ったのが冒頭の写真だ。

【秩父鉄道撮影記事】秩父路に秋来る


1ヶ月ぶりに訪れた秩父は、すっかり秋の装いだった。秩父鉄道訪問どころか、一眼レフを使った趣味の鉄道撮影さえ久しぶりだったので、なかなか思うように撮れなかったことがもどかしい。

2014年9月18日木曜日

【秩父鉄道2012年秋冬】ありし日のチョコバナナ1007編成


秩父鉄道の秩父地区開通100周年を前に、久しぶりにパソコンのハードディスク内をひたすら閲覧している。本業の業務が納品直前であり、さらに請け負った案件も複数あるため、なかなか撮影に出られずにいるからだ。

そこで、足しげく通っていた2年前の秋の写真を見つけた。2012年12月8日に運用離脱した、1000系1007編成秩鉄リバイバルカラー、いわゆるチョコバナナの写真だ。関連カットは当時も旧ブログでお見せしていたが、再掲載のカットを含めてご覧にいれたい。



2014年9月15日月曜日

【西武池袋線通勤ついで鉄】「赤いアイツ」西武9000系9003編成を撮る


「赤いアイツ」こと(いや、そう呼んでいるのは筆者だけか) MS-06S ザクII西武9000系9003編成が走り始めてしばしの時が流れた。10両固定編成であるためかラッシュ時にもがんがん走るために、西武池袋線を利用する筆者はほぼ毎日のように、朝あるいは晩に見かける。撮影できる状況になくても、通過していくところや離合することはある。けれど、なかなかまともな写真が手元に増えない。

2014年9月13日土曜日

【秩父鉄道1980年代】1987年春、塗装移行期のころ

ツートンカラーの502編成(白久〜三峰口)

前回のエントリーで、秩父鉄道の秩父地域開通100周年記念イベントに関連した、謎(?)の「急行リバイバルカラー」について思わず熱狂したものの、私の手元には秩父鉄道300系電車の写真はもう、このブログと旧ブログでお見せしたもの以外には、お見せできるようなものがない。当時、小学生から中学生でいまよりもずっと写真の腕が稚拙だったからだ。

そこで、以前もお見せしたことのあるカットを再スキャンしたので、1987年4月初めの春休み時期(1987年4月3日とポジの箱に書いてあった。フィルムはEN:エクタクローム100)に秩父鉄道を訪問した際に撮影したポジフィルムをお目にかけようと思う。それでも既出のカットが多いことはご容赦いただきたい。

その日は100形と300系電車の動向を知りたくもあり、急行「秩父路」に乗るために、西武沿線在住だったその頃の私にしては珍しく高崎線に乗り、熊谷から秩父鉄道訪問を始めたようだ。当時の時刻についての記録をしていないが、現在でも平日は熊谷9時3分発の下り急行が昼間走る最終の急行(その後は18時発)だから、おそらく8時半頃に熊谷に降り立ったはずだ。現在の平日の急行列車は影森止まりだが、当時は三峰口行きだった。

そして、熊谷駅南口へいたる通路から秩父鉄道の電車を見渡してみて、新塗装(いまでいうところの「チョコバナナ塗装」)への移行がほぼ完了し、廃車予定の100形以外の電車は、この500系電車の(おそらく)1編成を残して新塗装をまとっていたことを知った。

2014年9月10日水曜日

【秩父鉄道関連記事】「過ぎ去ったことはもう戻らない」はずが





ここ数日、いろいろなことがあった。私がかつて仕事をしていた業界では、はたから見ていて冷や汗をかくような事態を目撃した。日々の暮らしに忙殺されつつ、ときおりプリシラ・アーンが歌う『思い出のマーニー』の主題歌や、松たか子が歌う『アナと雪の女王』の劇中歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を繰り返し聴いていたり、子どもの前で「レリゴー、レリゴー♪」と適当に歌って直される*1ていたらくなので、そのほどはご想像いただけるかもしれない。何かに悩んでいるというのではないが。

そうした折に、日ごろお世話になっているおっとっとさんの「地味鉄庵」のエントリーに驚かされた。秩父鉄道が10月26日(日)に行う「秩父地域開通100周年記念イベント」のことは知っていて、先日の秩父撮影行でも、現地でお会いしたウラハルさんや焼き鳥屋のお兄さんとも「夜汽車ですなあ」「7502編成の秩父ジオパークトレインですか」と話していて、すっかり油断していた。

なんと「急行リバイバルカラー」とは! 秩父鉄道さん、あいかわらず凄腕すぎる!


2014年9月2日火曜日

【秩父鉄道撮影記事】懐かしの「チョコバナナ」健在


さて、SLパレオエクスプレス5001列車を影森以遠で撮ってから、昼食をとりに秩父市内へ戻ったものの、一人分にお金をかける気がせず、矢尾百貨店の1階をうろついてみたり国道140号沿いを歩いてみた。それでもなんとなく決め手に欠けて……おまけに「地底人」だらけであちこち混んでいたし……結局、秩父駅のじばさんセンターまで来てしまったところで、SLパレオエクスプレス5002列車の一本前の熊谷行きが出る15分前という微妙な時間になってしまった。

何かを注文するほどの時間はないと思いながら、仕方がないから土産用の何かを買うかとうろうろしていたら、パンを発見して買ってみた。「チョコバナナパン」だ。秩父でチョコバナナパンというのもなにやら懐かしいではないですか。

2014年9月1日月曜日

【秩父鉄道撮影記事】ガリガリ君エクスプレスを撮る


どうも私の休みと線路にいるタイミングと晴れ空があわないまま8月が終わっていってしまった。今日はどうも体調が今ひとつで起きられず、御花畑からSLパレオエクスプレス5001列車の1本前の下り電車(つまり正午すぎ)にようやく間に合ったいう遅めの出発。Takaさんのところを拝見すると、樋口駅先のタイミングならもう少し晴れていたようだ。それにしても夏休み最後の土日でもあり、パレオも沿線も観光客で賑わっていた。秩父市内は「地底人」だらけだったし。