2014年10月27日月曜日

【写真的チラシの裏】海にて


まずお断りしておきます。ご期待されているかたがたくさんいらっしゃいそうでもうしわけないのですが、10月26日(日)の秩父地域開通100周年イベントには参加できなかったので、リバイバル臨時急行や夜汽車を撮影できていない。だから、関連記事は書くことができません。あしからずご了承くださいませ。

その日は、まったく別のところへ撮影に出かけていた。土曜日夜に急遽予定が入ったのだ。そして、使うべきメインカメラが日没の頃にあっけなく電池が切れてしまったので、それでも撮らずにいられない因果な写真家根性というのか、三脚を立てて自前のニコンで撮っていたのがお見せするカットというわけだ。

2014年10月25日土曜日

【秩父鉄道6000系撮影記事】衝撃の「ワンマン急行」幕



明日、10月26日日曜日は秩父鉄道の秩父地域開通100周年イベントとして、秩父駅で車両展示ほかの各種イベントが行われる。すでに土曜日の夕方には、会場の設営作業が行われているのを見た。関係各位のみなさん、どうもご苦労さまです。

それを横目にしつつあいかわらず線路沿いで、私はまた撮影せねばならないカメラを持ってうろついていた。そこへ、下り急行「秩父路」5号三峰口行きの列車を見て、私は飛び上がった。ヘッドマークが着いていたからではない。いつもの「ワンマン」幕が異なるから。それは、こういう幕だった。 ワンマン急行

わかりにくいな。拡大してみるとこういうことです。



これはつまり、ローマ字表記が追加されるまで用いられていた、この西武鉄道の「快速急行」幕のデザインなのだ。まさか、秩父でこのデザインを見ることができるとは。



2014年10月21日火曜日

【お仕事のおはなし】Kindle電子書籍「ぼろフォト解決シリーズ030 SONY Cyber-shot RX100 III プロの撮り方 [Kindle版]」発売中!


ぼろフォト解決シリーズ030 SONY Cyber-shot RX100 III プロの撮り方 [Kindle版]_001

【お仕事の告知です】
告知ばかり続くブログというものは私個人はあまり好きにはなれない(それなのに、もうしわけないです)。けれど、お仕事の成果をご報告させていただきたい。この夏の秩父鉄道通いの成果が、いつものKindle電子書籍の1冊にまとまった。

ぼろフォト解決シリーズ030 SONY Cyber-shot RX100 III プロの撮り方 [Kindle版]』だ。私とグラビアカメラマンの伊藤竜男さんの共著、編集は齋藤千歳さんだ。地味な私の鉄道沿線写真と、女性グラビアをあわせてもらって、地味すぎない(笑)1冊に仕上がっている。私の写真はどうも「しみじみ鉄」みたいな写真だからね。

2014年10月20日月曜日

【西武多摩湖線PETIT撮影記事】深夜のシンイチさん


10月も終わりに近づき、すっかり朝晩の冷え込みも強くなった。嵐が過ぎるたびに冷え込みが強くなる。そして、天候も落ち着いて来ると絶好の行楽日和でもあり、撮影日和でもある。冬枯れになる前にちょっとした華やかさを写すならば、これから11月半ばまでだろう。

あいかわらず「カメラを借りて試写」を繰り返している私は、行楽というよりも撮影という目で天候を考えてしまう。そして、いろいろなことをしながら、頭をひねるのはやはり撮影のことだ。先日も出先から自宅付近まで帰宅することができる終電を逃し、ふと考えて立川から機材を抱えて自宅方面まで深夜に歩いた。けっきょく、東村山市内廻田町のファミレスでうたた寝をして武蔵大和からの始発電車を待ったのだが、RAW現像をしたりうたた寝をする合間に、自宅から遠くないけどすっかり忘れていたちょっとした(「作例」向けの。「作品」むけではない)撮影場所を思いついたのだった。

多摩湖(村山貯水池)と狭山湖(山口貯水池)があった。思えば、多摩湖は夏に花火を見に来たけど、狭山湖は昨年の秋に行って以来のごぶさただ。だって家から遠くないから。


2014年10月14日火曜日

【秩父鉄道撮影記事】台風接近の週末に


このところ、毎週末に台風に見舞われている。だがしかし、私はここに写真をアップしていないだけで、台風のなかでも秩鉄沿線の線路際にいた。もちろん、カメラを片手にだ。いや、両手かも(苦笑)。昨日は業務で必要な機種が早々に電池切れしたので、自前の一眼レフで合間に撮っていた。いやあ、雨はいいですな。パレオは迫力満点でしたぞ!

2014年10月9日木曜日

【お仕事のおはなし】Kindle電子書籍「ぼろフォト解決シリーズ28 Panasonic LUMIX FZ1000 実写速報 [Kindle版]」発売中!

『ぼろフォト解決シリーズ028 Panasonic LUMIX FZ1000 実写速報 [Kindle版]』_001

【お仕事の告知です】
さて、お盆の頃からしばらく借用して撮影していたカメラの本(AmazonのKindle電子書籍)が先日発売になったので、ご紹介させていただく。『ぼろフォト解決シリーズ028 Panasonic LUMIX FZ1000 実写速報 [Kindle版]』だ。いつものように、小山壯二さんとの共著で、編集は齋藤千歳さん。今度のカメラはPanasonic LUMIX DMC-FZ1000(以下、FZ1000と略)! 1型センサーと25〜400ミリ相当のLEICA DC VARIO-ELMARITレンズを備えた、4K動画も撮影できる多機能カメラだ。私は連写のテストのほか、各種画像効果の解説を行っている。

最近の私はこのシリーズ本執筆のために、自前の一眼レフ以外はいつも標準ズームレンズ相当でコントラストAFしか持たないコンパクトデジタルカメラでの撮影が多いので、久しぶりの超望遠レンズはとても楽しかった。FZ1000のAFも基本的にはコントラストAFだが、新開発という空間認識AFの効果か、意図的に置きピンをせずにAFCで連写を行っても、最大約7コマ/秒でAF追随ができたので、けっこう驚いた。4K動画撮影を私は試さなかったが、そのためにもちろん、画像処理エンジンの処理も速くてバッファメモリーの容量も大きいのだろう。

『ぼろフォト解決シリーズ028 Panasonic LUMIX FZ1000 実写速報 [Kindle版]』_002

カッコいい表紙は小山さんの撮影だ。連写の被写体には秩父鉄道のSLパレオエクスプレスを選んだ。日中で晴天であれば、パレオやデキなら連写をしてもAFは信用できると実感。

2014年10月5日日曜日

【秩父鉄道撮影記事】白い空に敗退



今日は白い曇り空に敗退したので、SLパレオエクスプレス5002列車は撮影せずに、三峰口から長瀞まで乗ってみた。たまには乗るのも楽しいかも。

2014年10月3日金曜日

【秩父鉄道7000系記事】加速音に酔いしれる


私は毎日、通勤時に数駅だけ東京メトロ半蔵門線に乗る。ラッシュアワー後に乗るからか、たいていは上下にやってくる電車は、あたかも半蔵門線の開業当初のように、東急8500系であることが多い。メトロ8000系や08系に乗ることはあまりない。あ、東武の硬座車のことは、意識したこともないや(苦笑)。