2014年12月31日水曜日

【いすみ鉄道キハ52125PETIT撮影記事】たそがれどきのタラコキハ



12月末とはいえ、ほのかに霞がかるような。雨降りの翌日であったためか、そう湿度が低いわけでもなく、穏やかに晴れた日のたそがれどき。木立を抜けて警笛を鳴らしながら走ってきたディーゼルカーが、人影もまばらな駅に停車した。

2014年12月28日日曜日

【西武新宿線PETIT撮影記事】妖怪ウォッチラッピング電車、登場しやがる!


日本中を妖怪がさまよっている。ジバニャンという妖怪が。

やれやれ。今日もやまほど校正をして目がくたびれたな。と思い、常駐先から帰宅するために深夜の所沢駅で西武新宿線の下り電車を待っていたら、やって来た20158編成は妖怪だった。

2014年12月23日火曜日

【秩父鉄道撮影記事】秩父ジオパークトレイン、パレオ前後に現る!

chichibu_geopark_train_001

21日(日)は、クリスマスリースを装備したSLパレオエクスプレスを撮りに出かけたとはいえ、狙いはもちろんそれだけではない。縦横無尽に走り回るナナハチくんたちを撮りつつ、7502編成秩父ジオパークトレインだってきちんと狙った。ええっと、固定運用ではないのでしたよね、もう。

でも、「何かあるときはパレオ前後にネタ列車が充当される確率が非常に高い法則*」は今回もあてはまりまして、5001列車を秩父で追い抜かした列車は7502編成! 三峰口で揃うことが意図されていたのだろう、きっと。そういうところが、秩父鉄道ってやるなあ、と思わされるのだ。

2014年12月21日日曜日

【秩父鉄道撮影記事】日没直前にシブい奴ら現る


今日の秩父路は予想外の好天に恵まれた。県内の自宅を出たときに厚くかかっていた雲が正午頃には切れた。そう、寝坊して御花畑着が正午頃という、怠惰な撮影行ではあったものの、正午から日没までは穏やかな晴れだった。影森以遠で撮ったSLパレオエクスプレス5001列車も、一大観光地である長瀞付近で迎え撃った5002列車も穏やかな日を浴びて走っていった。

その後日没までの時間も、趣味的にはたいへん実り多かった。まず、あいかわらずかくしゃくとした走りを見せる5000系5002編成がやって来たあとには……。

2014年12月20日土曜日

【西武3000系3011編成撮影記事】在りし日の銀河鉄道999デザイン電車


12月20日土曜日で運用離脱した西武3000系電車。おそらく、大多数の西武ファンのみなさん同様に、私にもまた3000系電車というものはいまひとつ影の薄い地味な存在でしかなかった。外観や内装は新101・301系によく似ていても、界磁チョッパ制御の8両固定編成ゆえの使いづらさから、101系系列ほどに多彩な運用につくこともなく、池袋線ではもっぱら、日中の池袋〜保谷・豊島園の各駅停車や、西武球場前行きに用いられている印象もあった。だから私もまじめに撮っていないのだ。

とはいえ、それなりに遭遇機会はあったようで、覚えていただけでも3011編成を撮ったカットはいくつかあった。再掲載が多いことはご容赦いただきたいが、池袋線・新宿線の本線からついに「3ドア車が消えた日」ということで、その勇姿を改めてお目にかけたい。

【西武3000系3011編成PETIT撮影記事】南入曽の銀河鉄道999デザイン電車


私はここ数年、西武新宿線末端部分で暮らしている。雑木林がところどころに残され、わずかながらに武蔵野の雰囲気を残さないでもない雰囲気は好ましいが、埼玉都民として都心に通勤で出るには、最終電車が30分ほど早く終わってしまうという不便さがある。それぞれ、車両基地があるのが小手指、保谷(もはや電留線のみだが)、および新所沢、上石神井であり、車両の運用を考えたらやむを得ないのはわかる。わかっていて、住む場所を選んだのだからしかたがない。ときどき、終電を逃して深夜に歩く。

昨夜(12月19日)も新宿線の遅い電車に乗っていた。そして。新所沢で乗り換えてドアの外を流れる光景を見ていたら、南入曽車両基地にふだんはいるはずのない電車がいるのが見えた。

それはあたかも天啓のようだった(なにも大げさな)。ああっ、と声にならない声を上げて私はその場に凍りついた。あれは、12月20日のイベントで運用離脱する3011編成「銀河鉄道999デザイン電車」ではないか。あれだけ、ラッピングが嫌だったはずなのに、カメラを出していなかったとことを私は悔やんだ。そして......。

「愛していないという確信が持てなくなった」(マルグリット・デュラス、清水徹訳(1992)『愛人(ラマン)』河出書房新社)*


2014年12月15日月曜日

【西武3000系PETIT撮影記事】さよなら3000系!


鉄道情報誌をまったくチェックせず、年末進行で気もそぞろでいるあいだに、西武鉄道からは3000系電車がどんどん退役していたようだ。そしてその間に、3007編成と3009編成が方向転換してガチャコン電車のところに譲渡されるために準備されていたのだとか。Web界隈をググって知ったことなので、くわしいことは知らないのだが。

眠い目をこすりながら電車に乗っていて、多摩湖線に残る牽引車代用の唯一の黄色い新101系である263編成がパン上げしながら所沢0番線にいるのを見て、もしやこれは! と遅まきながら気がついたしだい。


2014年12月13日土曜日

【東急8500系チラシの裏記事】天使のはしごを見ながら、神電車加速!


窓の外はトンネルの闇。ときおり車窓を蛍光灯が瞬く。車内の明かりがトンネルの内壁を照らすほかは、信号関連機器が見えるだけ。あたかも暗闇を切り開くかのように高らかな轟音を響かせて、急行電車は加速し続ける。用賀、桜新町、駒沢大学を通過した電車はしばらく走り続けたのち、速度を落とし、そして三軒茶屋に停車した。

今日は田園都市線に乗った。沿線での用務から帰社する際に東急ファンにとっての「神電車」である8500系に乗って、神の加速音を心に刻み込んだ。急行南栗橋行きに充当された8635編成だ。


2014年12月10日水曜日

【秩父鉄道撮影記事】武州原谷の青いやつら


「速い!」

秩父鉄道武州原谷貨物駅にいる「青いやつ」こと、DD512はJX日鉱日石エネルギー室蘭製油所専用線にいた栗林商会のスイッチャーだ。今年5月末で同線が廃止になったあと、遠く離れた秩父の地にやってきた。1988年(平成10年)製と新しい。このところ不調が伝えられていたD304が、見るからに苦しそうなうなり声をあげていたのに比べると、ヲキ・ヲキフを牽引するにも、石灰石を満載しデキを連結した熊谷工場行き列車を突放するためにプッシュするにも、明らかに力があり調子がいい。詰所前の定位置に戻るにも動きが速いのだ。

「D304とはちがうのだよ、D304とは!」


2014年12月9日火曜日

【東武東上線PETIT撮影記事】リバイバルツートン81107編成に乗る


秩父鉄道に行った日は、久しぶりに東武東上線経由で出向いた。最近は西武秩父経由で出かけることが多かったので、東上線末端部分に乗るのは実に新鮮だ。そして、とても運がよかったのは、小川町で待ち合わせていたのがロイヤルベージュとインターナショナルオレンジのリバイバルツ―トンカラーの81107編成だったこと! 初めて目撃して乗り合わせることができたのは、とてもうれしい。ひゃっほう!

2014年12月8日月曜日

【秩父鉄道6000系6003編成急行リバイバル撮影記事】久しぶりの秩父で狙うのは、やっぱり急行リバイバル!



カタン! カタン! カタン! カタン!

少し前に線路がきしむ音が聞こえた。ほどなくして、列車が近づいてくる音が少しずつ響いてくる。ここは直線だが、数百メートル先にあるカーブを曲がって列車はやってくる。木立の向こうにヘッドライトが見えた。来た。秩父鉄道6000系6003編成急行リバイバルカラー編成が充当された急行「秩父路」3号だ。

2014年12月6日土曜日

【チラシの裏】雪が降るのではないかと思わせるような空のもと


カメラとは関係のない常駐先の編集案件の入稿時期だ。連日、その取材や撮影、あるいは編集作業に追われている。ありがたいことに、あいまに細かい原稿書きの依頼があったり。なぜなら、私は「写真撮影もできる編集者」だから。そのあいま、帰宅途上でふと「自分の写真を撮る」ということを思い出した。雪でも降りそうな空模様から、本の少し日が差すようすがフォトジェニックだったから。