2016年11月26日土曜日

【秩父鉄道撮影記事】初雪の次の日


関東地方在住のみなさんはご存知のとおり、先日の関東地方は11月下旬というのに初雪に見舞われた。筆者が住む埼玉県南部はそれなりの積雪があった。鉄道従事者のみなさんは戦々恐々とされたであろうけれど、写真家である筆者は「遠くに行かないでも雪景色が撮影できる千載一遇のチャンス」とばかりに、自宅の近隣で撮影に勤しんだ。やっほう! と思いながら。

その積雪の翌日は快晴になった。そして、その日は金曜日の秩父鉄道SLパレオエクスプレス運行日だ。標高の高い秩父地方に行けばもしかして残雪と終わりの紅葉を組み合わせた絵が撮影できるのではないか。そうほくそ笑んで筆者は秩父へ向かった。東武東上線末端部分では日陰や畑に雪が残っていて、かなりホクホクしながら秩父に向かったというわけだ。


もっとも、翌日は気温が上がり、10時頃に熊谷を出発するSLパレオエクスプレス5001列車が波久礼から先の矢那瀬を通過する頃には、ほとんどの雪は溶けていた。まあ、それは仕方ない。先行してやってきた鉱石貨物列車の先頭に立つ茶デキを思いっきり画面いっぱいにとらえた。このあとやってきたSLパレオエクスプレスはけっこうな白煙を上げていてよかった。


寄居周辺では雪が溶けていることは(けっしてカッコつけではなく)想像がついた。そこで更に標高が高くて日陰になる部分ならもしかして、と思って続行する電車で武州日野まで向かうと、わずかに雪が残っていた。そして、白煙をもくもくとあげ、さらには排気ももらしながら通過していった。客車は隠れているけれどこの絵が撮れれば満足だ。


それにしても平日なのにこの日の撮影者の数の多さには少々驚いた。なるほど、シニアのみなさんであれば平日でも動けるというわけか。

【撮影データ】
Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark II/LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH., LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH., LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH./フォトスタイル:ヴィヴィッド/RAW+JPEG/Adobe Photoshop CC/Google Nik Analog Efex2 Proにて周辺を焼き込み

0 件のコメント:

コメントを投稿