2016年1月31日日曜日

【お仕事のご報告】『 Canon PowerShot G5 X 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』発売しました!

【お仕事のご報告です】
手がけていた本が何冊か発売されましたので、ここに紹介させてください。筆者も関係しているKindle電子書籍によるカメラ本『ぼろフォト解決シリーズ』レーベルの『脱・初心者マニュアル』シリーズでこのほどご紹介する機種は、Canon PowerShot G5 Xです。


書名:『ぼろフォト解決シリーズ076 絞り優先でカメラはもっと楽しい Canon PowerShot G5 X 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』
著・写真:秋山 薫
著・編集:齋藤千歳
価格:470円


2016年1月30日土曜日

【上信電鉄撮影記事】クモハ501-クモハ502「ぐんまちゃん列車」を撮る


さる2015年(平成27年)12月27日は上信電鉄の創立120周年記念だったという。それを記念して500形クモハ501-クモハ502編成に、群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」と鉄道むすめのラッピングが施され「ぐんまちゃん列車」として同日から走っている。

先日は高崎前橋経済新聞上毛新聞などの地元紙などにも取り上げられたようで、撮影中に上信電鉄沿線在住の方にも「新聞で見たけど、ぐんまちゃん列車が走っているのですって?」「ぐんまちゃん列車を撮りに来たの?」と話しかけられた。私たち鉄のひとたちにではなく、沿線在住のみなさんの話題になっているならばよろこばしいことだ。

2016年1月29日金曜日

【お仕事のご報告】『 Panasonic LUMIX GX8 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』発売しました!

【お仕事のご報告です】
さて、このところ手がけていた本が何冊か発売されるはこびになりましたので、ここに紹介させていただきます。筆者も関係しているKindle電子書籍によるカメラ本『ぼろフォト解決シリーズ』レーベルの『脱・初心者マニュアル』シリーズです。今回ご紹介する機種は、Panasonic LUMIX DMC-GX8



書名:『ぼろフォト解決シリーズ075 絞り優先でカメラはもっと楽しい Panasonic LUMIX GX8 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』
著・写真:秋山 薫
著・編集:齋藤千歳
価格:450円

4K連写(S/S)で江ノ電305編成をシュート!

2016年1月25日月曜日

【上信電鉄撮影記事】残雪を踏みしめて。走れ上信電鉄クモハ503-504編成

もしかしたらこの週末は首都圏でも降雪するかもしれない、と聞いて、各鉄道事業者のみなさんは天気予報を見ながら戦々恐々としていただろうと思う。単なる利用者の私は最初の降雪時には外出できなかったので、週末の降雪ならば絵にできるのではないかとほくそ笑んだ悪い人だ。そして、そんな心がけの悪さはもちろん実現されることはなく、大多数の善良な人々の願うとおりに、関東地方では降雪は回避された。

けれど、あきらめの悪い私は残雪を追い求めて、上信電鉄へ行ったわけで。そこへいい感じの状況にまず最初に現れたのは、クモハ503-504編成! ちょっと笑ってしまった。

後追いだけどね!

2016年1月24日日曜日

【上信電鉄撮影記事】西武所沢車両工場製東武風顔電車、下仁田にて

日が照っていたのはこのときだけ
車窓を眺めていると、週はじめに降った雪は、案の定ほとんど解けていた。ところが、千平を越えて下仁田へのひと駅というところで、道床に残る雪の量も明らかに増えた。木立のなかでも雪が反射して日陰でも明るい。そうして電車は下仁田に着いた。構内には高崎で姿を見なかったアイツがいた。

ホキ801を従えたデハ205号車だ。西武所沢工場製上信電鉄オリジナル電車200形のうち、最近はもっぱら工臨に用いられているようだ。高崎方は東武3000系電車の窓ガラスと前照灯ケースを用いて運転台の増設がなされた、東武風顔を持つ。茶色に塗られた僚機デハ204よりも、この塗装で見るとなおのこと「東武風味」(「東武ん」というほど強くはない)が強まるようにも思える。幌枠がつくとカッコいい。



下仁田ではシマウマホワイトタイガー塗装であるクモハ153-クモハ154と軌道モーターカーを挟んで並んでいた。西武所沢車両工場製の西武801系電車と、その設計を活かして作られた上信200形2次車はいわば兄弟のような存在だ。ところが、高崎方から見ると「西武湘南形」と「東武顔」という、それぞれの会社の一時期は代名詞的なデザインであるところも、いとをかしな気がしないか。そしてどちらも、保存車両でしか存在しなくなってしまった。これをおもしろがっているのは私だけかな。

こうやって切り取ると東武風味
側面は西武風
【撮影データ】Nikon D7200 /AI AF Nikkor 24mm f/2.8D, AI AF Nikkor 35mm f/2D, AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>, Ai AF Nikkor ED 300mm F4S (IF)/RAW+JPEG/Capture NX-D/Adobe Photoshop CC

2016年1月21日木曜日

【東武東上線PETIT撮影記事】クモヤにあらず! 8000系ワンマン車フライング東上カラーに遭遇なり

「今年は暖冬だと思うと大雪が降る」ということなのか。先日、宝登山のロウバイが咲き始めてあたふたと狼狽したというエントリーを書いたら、首都圏は大雪に見舞われた。さすがに都心部には雪は残っていないが、私の住む埼玉県南西部だと、表通りから入るとまだ雪が残っているし、畑にもまだ10センチ以上の雪が残っている。日没後から朝までは朝までは、裏道に入ると路面凍結していて、歩くにもまだまだ注意が必要なほどだ。

大雪といえば一昨年の2月のあの大雪が記憶に新しい。そういえば、最初の雪の日に秩父に行き、夕方の帰宅時に東武東上線が徐行運転をしていたことを思い出していて……そういえば今年の3が日に高崎へ行く途中に、小川町でようやく東上線8000系ワンマン車のうち、フライング東上号リバイバルカラーの8198号編成を見かけたことを思い出した。長い前フリですみません。



2016年1月14日木曜日

【JR両毛線撮影記事】「ふつう」ではない高タカ211系3000番台車5連、「ふつうに」両毛線を快走中!


日中はおだやかな日差しが続く。それでも、朝晩は私の住む埼玉県南中部でも氷点下になる。そして自宅付近でもロウバイの花が咲き始め、春を先取りするかのような香りを漂わせている。それでも、やはりロウバイはふつうよりも早い。

さて、三が日の話題をもう少し続けよう。それ以降趣味の撮影をふつうにできていないということもあるのだが。渡良瀬川を渡る上毛電鉄のデハ101を富士山下〜丸山下の赤岩橋から撮ったあとは、いつも気になっていながら撮影できなかった両毛線へ向かった。桐生でまずやってきたのは、高崎運転センター所属211系3000番台A31編成! 小山方のクモハ211が霜取りパンタグラフを掲げて入線してきた。ふつうの211系にはそう興味を示さなかった私も、この前パンになるクモハ211には興味がある。だから、まずはこいつを撮らねば!

2016年1月9日土曜日

【秩父鉄道撮影記事】宝登山ロウバイ、咲き始める

これは昨年の宝登山のロウバイ。盛りを過ぎてからの撮影
秩父鉄道沿線の冬の楽しみのひとつに、宝登山のロウバイの花をあげることができる。例年、1月下旬から咲き始めて3月上旬までその姿を見ることができる。もっとも、いちばん美しいのは例年では2月上旬だろうか。そして、それに合わせるかのように2月上旬からは秩父鉄道の急行列車も3編成ともに急行『ロウバイ』号として、編成ごとにことなる絵柄のヘッドマークを掲示して走る。


2016年1月8日金曜日

【お仕事のご報告】『Panasonic LUMIX G7 脱・初心者マニュアル』 発売開始!



【お仕事のご報告です】
昨日、私も関係しているKindle電子書籍『ぼろフォト解決シリーズ』レーベルの『脱・初心者マニュアル』シリーズの一冊として、『Panasonic LUMIX G7 脱・初心者マニュアル』を出版しました。アマゾンのKindle電子書籍です。

書名:『ぼろフォト解決シリーズ 069 Panasonic LUMIX G7 脱・初心者マニュアル』
著・編集:秋山薫/齋藤千歳
価格:450円

Kindle電子書籍は、アマゾンによる電子書籍。専用Kindle端末のほか、iPhone、iPadなどのiOS端末、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末に無料アプリを利用して、あるいはパソコンのブラウザー(Kindle Cloud Reader)で読むことができます。Kindle端末やスマホ、タブレットをお持ちではなくてもお読みいただけます。


2016年1月5日火曜日

【上毛電鉄撮影記事】「上州の野武士」デハ101、新年も元気に走る

新里を出て勾配にさしかかるデハ101
勾配の下、カーブのあたりの踏切遮断機が降り、勾配の手前の線路を近所のキジトラねこが横切る。ねこは尻尾を振って線路を見ている。そんなようすをファインダー越しに見ながら、レリーズする右の人差し指にわずかに力を入れた。そこへ新里で上り列車と交換したデハ101が姿を現した。

2016年1月3日日曜日

【上信電鉄撮影記事】初撮りにて、デハ204+クハ304ゲット!



■本年もどうぞよろしく
  親愛なる読者のみなさん。新年あけましておめでとうございます。更新頻度のあまり高くない、あくまでも古い電車とデジタルカメラのことばかりを好き勝手に書いている「草の根」ブログではございますが、これからもよろしくおつきあいくださいますよう、お願い申し上げます。読者のみなさんと、ご家族、ご友人をはじめ、まわりの親しい人たちみんなに幸多かれと心より願っております。