2016年2月25日木曜日

【ぼろフォト解決シリーズ】LUMIX G7本およびGX8本、CP+2016開催に合わせて無料ダウンロードキャンペーン中!

【お仕事の話です】
 私も関係しているアマゾンのKindle電子書籍「ぼろフォト解決シリーズ」レーベルでは、現在パシフィコ横浜にて開催中のCP+2016にあわせて、Panasonic LUMIX G7本と同GX8本2冊の無料ダウンロードキャンペーンを行っています。


■書名:『ぼろフォト解決シリーズ 069 Panasonic LUMIX G7 脱・初心者マニュアル』
著・写真・編集:秋山 薫/齋藤千歳
通常価格:450円(2月28日まで無料!)


■書名:『ぼろフォト解決シリーズ075 絞り優先でカメラはもっと楽しい Panasonic LUMIX GX8 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』
著・編集・写真:秋山 薫
著・編集:齋藤千歳
通常価格:450円(2月28日まで無料!)

 アマゾンのそれぞれのページから購入していただければ、会期中は無料でダウンロードができます(それ以降は通常価格での販売になります)。iOSを使用するiPhone、iPad、iPod touch、Android端末のほか、パソコンでもブラウザを使用して「Kindle Cloud Reader」として読むことができます。この機会にぜひお手にとってご覧ください。

2016年2月22日月曜日

【東急多摩川線PETIT撮影記事】7700系電車城南の町を行く


先日、Lomography + ZENITのコラボレンズであるNew Jupiter 3+ 1.5/50を試用したさい、SONYα7IIボディとともに数日間持ち歩いた。ひさしぶりに東急多摩川線沿線に所用ででかけた際にも持って行った。

この日は明るいうちに7700系電車を見かけなかったので、もう帰ろうかと思って多摩川まで出たところ……ようやく1編成だけ姿を表した。それも、歌舞伎塗装ではない。こうなったら、撮影続行だ。

2016年2月20日土曜日

【上信電鉄撮影記事】たそがれどきの線路際にて


9月の台風シーズンの頃に、上信電鉄の佐野橋のあたりを歩いていた。黒い雲がいちめんに見え、烏川は増水していた。遠くの山のほうには稲光も見えた。

ときどき私は、自分は「鉄道を撮っている」というよりも、「鉄道を被写体として借りている」気持ちになる。そこを走る列車や、鉄道沿線を写実的に記録したいという思いもあれば、あくまでも列車や沿線風景を題材として、そこに写実性ではないなにかを描きたいという思いの両者があるからだ。

2016年2月17日水曜日

【上信電鉄撮影記事】「緑の中を走る」ところを撮りたい


作業の合間にハードディスク内を検索していて、真夏の頃の写真を見つけた。真夏の頃からしばらく私は上信電鉄沿線に通っていたのだ。

2016年2月14日日曜日

【チラシの裏】散歩をしながら


ここしばらく缶詰をして原稿を書くやら編集するやらしていた。けれど、この暖かな陽気に体からさすがに芽が出そうになった。とはいえ、溶けたり芽を出すわけにいかないので、カメラを片手に外に出た。

2016年2月12日金曜日

【JR両毛線撮影記事】115系1000番台を撮る


三が日に上毛電鉄デハ101号車を撮りに出かけた帰りに、JR両毛線を撮りに出かけたことはすでに記事にした。先頭のパンタグラフを上げて走る211系3000番台車がカッコいいなあと思っていたけれど、ここにご覧になる方のうち鉄のお仲間のみなさんであれば「それだけではないだろ!」と思われたはずだ。ええ、そりゃあもちろん。両毛線には高崎運転センターの貴重な湘南色の115系1000番台も走るからこそ、出かけたわけです。いやあ、撮ったことを忘れかけていた。

2016年2月10日水曜日

【ロシアこぼれ話】エディタ・ピエーハのことは知らないのです、私

エディタ・ピエーハ公式Webサイトよりキャプチャ(ロシア語のみ)
先日は、たまたまポーランド出身でソビエトでも人気のある女優バルバラ・ブリルスカのことをちらっと書いた。偶然にも、もうひとりのポーランド人女性のことを書く。歌手のエディタ・ピエーハのことだ。ロシア語つづりだとЭдита Станиславовна Пьеха(エジタ・スタニスラヴォヴナ・ピエーハ)。ポーランド語ではEdyta Maria Piecha(エディタ・マリア・ピエーハ)というそうだ。


2016年2月9日火曜日

【ロシアレンズ記事】『運命の皮肉、あるいはいい写真を!』Lomography + ZENITコラボレンズ「New Jupiter 3+ 1.5/50」のこと

New Jupiter 3+ 1.5/50
FED-Zorki (1949年モデル)にも似合う

■ Jupiter-3 1.5/50 復活!
 先ごろ、ロシア製ライカスクリューマウント(L39マウント)の20mm超広角レンズRUSSAR(ルサール) MR-2 5.6/20の復刻版「NEW RUSSAR+ 5.6/20」が、Lomography + ZENITのコラボレーション製品として発売されたということを記事にした。その際にいろいろ調べていると、ZENIT(S.A.ズヴェーリェフ名称クラスノゴールスク光学機械工場 略称「KMZ(カーエムゼー)」)はいまや各種旧レンズ製品を復刻再生産していることを知った。M42スクリューマウントだったMC HELIOS-40 1.5/85(ロシア語ではGELIOS)や、MC APO TELEZENITAR 2.8/135のニコンマウントを作るなど、なんというかもう……russophilia(*1)な私にはうれしくなるような製品がたくさんある。同時に、いくらリバイバルが流行しているとはいえ、古いものばかりあることを手放しでよろこんでいいのか、いささか気にはなったが。
 そのさいに、どうもLomographyからはほかにもライカスクリューマウントレンズが復刻されるような記述を見かけていたので、もしかしたらとは思っていた。それがこんなに早く姿を現すとは。それがJupiter-3(ユピーチェル・トリー) 1.5/50の復刻版「New Jupiter 3+ 1.5/50」だ。ご縁があってデジカメWatch(インプレス)に記事を書いたので、合わせて参照してもらえるとうれしい。ここでは、もう少し(あいかわらずの)チラシの裏について記そうと思う。

2016年2月8日月曜日

【西武鉄道1980年代】西武時代の西武401系電車のこと

西武新宿線小平〜久米川、1990年6月

前回のエントリーで元西武401系電車である上信電鉄150形電車クモハ151-クモハ152編成のことを書いたら、旧ブログでお見せした西武401系電車の写真を見たくなってしまった。いくつかの記事にあったものをいまだ復活させていないので、記事を改めて写真をアップすることにする。したがって、いずれも写真は再掲載だ。ただ、残念ながらこのほかには西武401系電車を撮影したカットはそう多くない。

2016年2月7日日曜日

【上信電鉄撮影記事】150形クモハ151-クモハ152に萌え☆


上信電鉄は首都圏において流鉄流山線と並んで「昭和の西武電車の聖地」とでもいうべき存在だ(少なくとも、西武ファンというよりは「西武ヲタ」だと自認していながら、好きなのに車両の細かいちがいを覚えられない、活動休止歴もある出戻りの私には)。

西武沿線在住歴が長い私には、流鉄はいまやもと西武新101系電車2連(流鉄5000形)が揃い「昭和60年代から平成はじめの西武鉄道ふうの雰囲気」に思えるのに対し、上信電鉄はもと西武401・701・801系電車(上信150形電車)が1編成ずつあり、さらに新101系電車2連(上信500形電車)が2編成と、倉庫代用のもと西武451系電車(上信100形電車)もあるのだから「昭和50年代なかばの西武鉄道」の雰囲気だ。上信電鉄の150形にはAK3形空気圧縮機も健在で、ときどきあのごとごとと鳴る音も聞くことができる。空気圧縮機AK3の音は乗っているとむしろ、「んごんごんごんごんごん」というふうに聞こえて、子供ごころに不思議だった。

こうした雰囲気が好きで上信電鉄を訪ねたある日、高崎で出迎えてくれたのはクモハ151-クモハ152(元西武クモハ414-クハ1453→新性能化後はクモハ408-クモハ407)だった。昨年、前面の飾りステンレス帯のラッピングを剥がして、ちょっぴり懐かしい顔つきに戻った電車だ。上信電鉄に来たならオリジナル電車にももちろん乗りたいけれど、元西武車が来るのはやはりうれしい。でも、あれれれれ。前のパンタグラフはどうしたのだろう。

2016年2月6日土曜日

【西武新宿線PETIT撮影記事】国分寺線直通前パン2000系編成を撮る


関東の冬というと、よく晴れた日が続くという印象だ。雪国だと、鉛色の雲がずっと垂れ込めて、それが陰鬱で嫌なのだという。たしかに、乾燥した青空に慣れている私も、モスクワの冬にはさすがに飽きたっけ。

そんな晴れた日の午後、都内から午後早めに地元に戻るべく西武国分寺線の国分寺駅で新宿線直通電車を待っていたら、入線してきたのは(国分寺方)2405編成(200 0系初期型2連)+2519編成(新2000系4連)(本川越方)という、2000系初期型が前パンになる編成だった。かばんにはカメラがあり、時間はそれほどないけれど光量はたっぷりある。