2016年4月30日土曜日

【秩父鉄道撮影記事】リバイバルカラー急行『芝桜』号、連休期間に走る


秩父がいまアツい。いや、そのアツさはいまに始まったわけではないけれど、秩父観光への各社の力の入れ方にこのところ感心させられることが多い。それも、複数の客層をターゲットにし始めたところに驚かされるのだ。ご存知のように、秩父ではすでに鉄道も一部のファン向けではない一般の観光客むけのりっぱな観光資源ではあるけれど、変化球が増えたところに感心する。たとえば大人向けの西武鉄道のレストラン列車「52席の至福」といい、5月28日と29日には、SLパレオエクスプレスが西武秩父駅に初の乗り入れを果たすとか。西武鉄道はいろいろと「本気を出してきた」ように見えるし、秩父鉄道の「中の人」の凄腕ぶりにもあらためて感心するしだい。

さて大型連休期間に入り、秩父路は本格的な繁忙期だ。まず、西武鉄道では特急列車を増発し、飯能〜西武秩父の各駅停車もふだんの4000系電車4連ではなく、8連で運用されている。例年のように、より収容人数の多いロングシートの電車も投入されるはずだ。飯能から西武秩父まで「遅めのラッシュアワー」のように混んでいるから。

そういうわけで秩父鉄道沿線も観光客で大賑わいだ。並走する国道140号はふだんから土日は流れがよくない。この繁忙期に観光で秩父市内と寄居・熊谷方面を移動するには秩父鉄道を利用するほうが確実だ。急行列車もヘッドマークをつけて走っている。

2016年4月26日火曜日

【上毛電鉄撮影記事】戦いはこれからだ! 「上州の野武士」デハ101出陣なり(その2)


【前回のあらすじ】
「私」は、釣りかけ駆動の甲高い音を立てて走ってくる「上州の野武士」こと上毛電鉄デハ101号車を曇天でいかに撮るかに頭を悩ませる。「その者、白き空を背負て、ナノハナの野に舞い降りるべし」……古老から聞いたこの地に伝わる言い伝えに戦慄を覚え……たりはしませんが。それに、そんな伝承もありませんからね。

上毛電鉄の大胡電車庫イベントに合わせて、大胡→(出庫)→西桐生→中央前橋→西桐生→中央前橋→大胡(入庫)と沿線を往復したデハ101を、樋越と新川で撮ったものの、その仕上がりは編成写真としてはよくても、いまひとつ気に入らなかった。そこで、午後の上り中央前橋行きと、下り大胡行きを撮るにはもう少し頭を働かせようと思い、新川から新里まで歩いてみた。

歩くのは頭が冴えていい。自転車もよさそうだけど、気をつけないと漕ぐことに夢中になる。また、クルマやバイクで移動すると、駐車できるかどうかを気にすることになる。今回も歩いてみて正解だった。

2016年4月25日月曜日

【上毛電鉄撮影記事】いざ大胡! 「上州の野武士」デハ101出陣なり(その1)


上毛電気鉄道(上毛電鉄、上電)中央前橋から乗った西桐生行き下り電車は、小さな子どものいる親子連れで座席が埋まっていた。列車は城東、三俣、片貝と前橋の市街地で少しずつ子どもたちを乗せるので、車内がいつもよりも明るく賑やかだ。このようすを見ていて私はなんだかうれしくなった。大胡電車庫のイベントはこうして地域に根づいた「お祭り」なのだなあ、と。鉄道イベントでは、次の世代が「鉄道に乗ることは楽しい」ことを知ってくれることがだいじなのだもの。

2016年4月22日金曜日

【西武多摩湖線記事】猫武鉄道タマ子線観察記


首都圏ではソメイヨシノはすっかり散り、芽吹いた木々の緑も日ごとに濃くなる。朝晩の気温が低い日や、強風で体感気温が低い日はあってももう冬に戻ることはない。ほほをなでる風の暖かさに春も本番なのだとしみじみと、いやちがう、つくづく思う。

春になったと思わせるたくさんのできごとがある。たとえば、近隣の中高生が夜遅くまで出歩き始めること。もっとも、暖かくなれば中高生ではなくても出歩きたくなるというものだろう。それは人間だけではなく、ねこも同じはず。だから、私の「ねこ磁石」もだんだん活発化してきて、近隣や出先でのらねこに遭遇する確率も高まっている。

ねこたちが出歩くということは、縄張り争いや異性の取り合いもあるわけでして……人間もそうか。大学生は新歓コンパの時期だもんな。そうすると、真夜中にねこたちがケンカをする叫び声が聞こえて目覚めるわけです。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……
にゃにゃッ!

睨み合った二匹に引き際が見当たらず、叫び声を上げてつかみあい、そして負けを知ったほうが大急ぎで逃げていくようすが目に見えるようでおかしい。

さて、ふと西武拝島線・多摩湖線の萩山駅下り端に立っていた日のことだ。

2016年4月21日木曜日

【お仕事のご報告】『LUMIX GX8 プロの撮り方』出版!


【お仕事のご報告です】私も関わっているKindleカメラ本『ぼろフォト解決シリーズ』に最新刊として『LUMIX GX8プロの撮り方』が加わりました。私と北海道在住の自然写真家である小林義明さんの共著です。Panasonic DMC-LUMIX GX8を用いて、小林さんは美しい北海道の自然風景や動植物を撮り、私はひたちなか海浜鉄道、上毛電気鉄道、そして秩父鉄道をめぐる「ちょい旅ふう鉄道写真」を撮っています。


2016年4月12日火曜日

【秩父鉄道撮影記事】急行リバイバルカラー『サクラ』号に萌える


週末からは秩父鉄道の急行『秩父路』号は、すでに『芝桜』号として走り始めている。掲載写真はその前の週の『桜』号だ。思えばこの大麻生付近の桜堤には、1000系電車の引退の頃に何度も通ったのに、ソメイヨシノとナノハナの咲くなかを走る秩鉄リバイバルカラーの1002編成を撮ることがどうしてもできなかったのが、心残りだった。


この急行リバイバルカラーも2014年秋から走り始めているから、次の検査までにもっと撮りためておかないといけないな。どうもタイミングがあわず、しかも遭遇したときには急行『秩父路』のヘッドマークがないことも多く、満足のいくカットはなかなかたまっていかない。うーん。

2016年4月3日日曜日

【秩父鉄道撮影記事】SLパレオエクスプレスファーストランを撮る


今年は冬眠期間が長かった秩父鉄道C58363も、いよいよ目覚めたようだ。4月2日のファーストランでは、ひさしぶりにその勇姿を見ることができて、沿線で安堵していた人も多いだろう。大麻生の桜堤で待つあいだにご一緒したみなさんも、あるいはほかの場所ですれちがった鉄道ファンではない近隣住民のみなさんも、みないちように「今日の煙はひさしぶりによかった」と話していたのが印象的だった。

2016年4月1日金曜日

【小湊鐵道撮影記事】走れ里山トロッコ

上総大久保の手前のカーブを曲がって、里山トロッコ3号がやってきた!
カエルの鳴き声を聞きながら、ツクシが顔を出しているあぜ道にいた。あたりにはあちこちでナノハナが咲いている。日本のどこにでもありそうな、春の里山の風景が目の前に広がる。ときおり、ヒバリのさえずりも聞こえる。気分がいい。

そこへ、澄んだ音色の汽笛が響く。しばらくするとゆっくりゆっくりカーブを曲がって、「里山トロッコ」が姿を現した。