2016年6月21日火曜日

【Nikon View NX-i関連記事】犯人はHDDだった!

Mac mini(Late 2014)のHDDをSSDにしちゃいました

■あーもう、困っていたんですよ!
 ここ一年ほど、私は毎日のように不調に困っていた。一日の作業を始めようとしても、どうもうまくいかない。どうしてだろう、とずっと考えていた先週、ついに思い切って決断をした。

 などと、思わせぶりな書き始めで恐縮だが、不調だったのは私の健康ではなく、仕事道具であるパソコンのことだ。このパソコンは昨年導入したMac mini(Late 2014)で、3モデルあるうちのミドルクラスの「竹」モデルだ。プロセッサーは2.6 GHz Intel Core i5で、メモリーは8 GB 1600 MHz DDR3を積んでいる。まったく自慢できるスペックではないが、画素数の多いカメラを使っているわけでもないし、画像処理をそう大量にするのではないなら、動作はそれほどは重くはない、はずだった。

 ところが、導入直後から起動が予想以上に遅く、Mailが毎回クラッシュし、Adobe Creative Cloudのデスクトップアプリケーションも起動せず、Nikon View NX-iもAdobe Bridge CCも起動中にクラッシュすることが多く……一日になんども再起動をかけるていたらく。壊れているのかしら、このMacと思ったほど。というのは、同じモデルを買った仲間のうち2人も修理に出したひとがいたので。

2016年6月20日月曜日

【JR両毛線撮影記事】107系電車のこと


前回のエントリーで、高崎線内で遭遇した「107系電車に萌えた☆」と書いてから……今年の年始に両毛線で107系電車を撮影したのに、それを記事にしていなかったことを思い出した。いやまあ、115系電車と211系電車を撮影に行ったので、107系電車のことはすっかり忘れていたのだ。ははは。


2016年6月19日日曜日

【JR東日本国鉄型電車遭遇記事】2連萌えキター! 107系電車との予期せぬ出会い


高崎線沿線に出かける途中の大宮で、豊田の189系電車に遭遇した日の続きだ。昼過ぎに用事を終えて、アリコベールのある「エイジ・オー」駅に戻ってきて、下りホームで列車を待っていて、上りホームの列車案内表示を見ていた。「通 過」……貨物列車だろうか。だが、遠くから接近してくる列車の顔つきがなんだか……クハっ! 105系電車顔ということは107系じゃあああん! R17編成というやつらしい。大宮車両センターへの検査入場かなにかなのだろうか。

2016年6月17日金曜日

【JR東日本国鉄型電車遭遇記事】グレードアップあずさ色豊田車セ189系電車M52編成に遭遇セリ



所用でJR高崎線に乗った。震災の年に数ヶ月間ほど、埼玉県の免許センターのある町の「ダーチャ」(ロシア語「別荘」*1)に滞在したことがあり、それ以降ときどき「ドクトル」に会いに行っていた。ここ最近はずっとごぶさたしていたのだけれど、ひさしぶりにドクトルのもうひとつの勤務先である、「アリコベール」のある町に出かけた。英語読みすると「エイジ・オー」な。


2016年6月14日火曜日

【デジタルカメラ】my recent favorite : LUMIX GX7 Mark II


ありがたいことに、いろいろなカメラを使用させてもらえる仕事をしている。そのなかで、この春から気に入っているのはPanasonic LUMIX DMC-GX7 Mark IIだ(以下、「GX7 Mark Ⅱ」と略)。より正確にいえば、気に入っている組み合わせは「DMC-GX7MK2L K」。つまり「GX7 Mark Ⅱ」本体と交換レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.(H-X015)」のそれぞれブラックの組み合わせが、もっかいちばんのお気に入りというわけだ。

2016年6月13日月曜日

【チラシの裏】いっちょうやるか!


先週は作業が滞ってしまった。今週は目の前に積み上がっているいろいろな作業を少しずつ崩していかないといけない。うん、いっちょうやるか。


2016年6月1日水曜日

【西武多摩湖線撮影記事】通風器がなくなったりもしたけれど、私はげんきです


少年時代にはじめて買ってもらったNゲージがグリーンマックスの西武101系キットだった。その頃は西武鉄道沿線に住んではいなかったけれど、親戚の家があるために親しみがあった。その後、小学生の頃からずっと西武鉄道沿線に在住しているためか、さいわいにしていまでも走り続けているためなのか「西武101系電車」が好きなままでいる。いちばん好きなのは初期型の低運転台車だったけれど、「ぶちゃいく」「ぶさかわいい」などといいながらも各社に譲渡された新101系電車を結果としては追い続けているので、やはりこの顔も好きなのだろう。変な顔だと思うけどね。

本線系統から姿を消しても、多摩湖線と多摩川線では主力電車として走っているし、牽引車代用のこの263編成はときおり小手指や南入曽、所沢でも見ることができ、4000系電車や10000系電車に乗れば同じ音を聞くことができるから、親しみ(シンパシー)を鉄道趣味の理由としがちな私には、とてもありがたい。