2016年10月28日金曜日

【JR川越線撮影記事】秋の日はつるべ落とし


筆者は子どものころからたまたま西武鉄道沿線に住んでいた。転居はしても西武鉄道の沿線から離れたことがない。そのためか、西武鉄道沿線をうろうろするのに飽きたけれど、それほど遠くに行くほどの時間的な余裕がないというときには、ほんの少しだけ足を伸ばして八高線に出るということをする。青梅線や五日市線でもかまわないのに、なぜ八高線なのかというと、都心から(あるいは自宅から)遠くないのに長らく全線が非電化であり、遠出をする余裕がなかった思春期の頃には、鉄道誌などのグラビアページを飾る非電化ローカル線の雰囲気を手軽に味わうことができるように思っていたからだ。キハ30・35系気動車が走り、DD51牽引の貨物列車が行き交う姿には魅力があった。八王子〜高麗川が電化されたいまでも、非電化だった頃のようすを思い出してしまうし、非電化のまま残されている高麗川〜高崎のあいだに乗る機会があると、なんとなくわくわくしてしまう。

いっぽう、川越線は八高線よりも早めに電化されたために、非電化時代の八高線に通っていた頃は、乗ったことはあっても写真を撮ったことがなかった。写真を撮る対象として訪問するようになったのは、ここ最近のこと。ご存知のとおり、川越線は川越で運転系統が変わり、川越以東は埼京線・りんかい線と一体化して10両編成の電車が新木場まで走る。川越以西は高麗川から八高線に乗り入れていて、むしろ八高線と川越線はほぼ一体化されている印象だ。いや、それは私が勝手に受ける印象だけかもしれないが。

2016年10月27日木曜日

【1995年モスクワ】「モスクワ中央環状線」開業の知らせを聞いて……モスクワに行きたい!


さる2016年9月10日に、モスクワにあらたに「モスクワ中央環状線」(略称МЦКMTsK エムツェーカー):マスコーフスコエ・ツェントラーリノエ・カリツォー)という鉄道路線が開業したという。ここ数年来工事を進めているということは聞いていたので、ついに開業したのかとうれしくなった。運営は、モスクワ環状鉄道(略称МКЖД:MKZhD エムカージェーデー)。ロシア鉄道とモスクワ地下鉄が施設を所有し、運営に当たる。モスクワ市地下鉄14号線でもあり、運賃は地下鉄と同様に均一料金。全線54kmで駅はすべて開業すると31駅とのことだ。

モスクワの鉄道網は東京やベルリンと異なり、地上を走る通勤電車は都心部のターミナル駅に乗り入れるのみで、環状して走るのは地下鉄だけだった。地下鉄環状線はちょうど東京でいうところの山手線のように、都心部の外周をまわる。サンクト・ペテルブルク方面の発着駅であるレニングラード駅や、シベリアへの列車が発着するヤロスラブリ駅、ヨーロッパ方面への列車の発着駅であるベルロシア駅、中央アジア方面の列車の発着駅であるカザン駅など*1を地下鉄環状線が結ぶ。それより内側を走る鉄道は、地下鉄とわずかに残る路面電車(トラムヴァーイ)のみだ。それより外周には、環状に市内を移動する公共交通はバスとトロリーバスのみだった。ただし、貨物線は存在した。そこで、既存の貨物線を電化して旅客化したのがこのモスクワ中央環状線というわけだ。たしか、数年前にはこの貨物線の一部区間に蒸気機関車牽引の列車を走らせていたのではなかったか

2016年10月25日火曜日

【上毛電鉄撮影記事】デキ3021+デキ104! 大胡電車庫イベントにて


上毛電気鉄道の至宝ともいうべきデハ101が沿線を走ったのは、大胡電車庫にて「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2016 ~上毛電鉄創立90周年記念イベント~」が行われていたからだ。正午過ぎにデハ101が入庫したあと、私ものんびりと大胡電車庫を訪れてみた。すると、デキ3021がデハ104と連結し動く準備をしている。その様子を会場そばの沿道からまず一枚撮る。このあと、デキ3021はいつ聞いてもそばにいると思わず飛び上がるような汽笛を発して動き、デハ104を引き出した。

2016年10月24日月曜日

【上毛電鉄撮影記事】「上州の野武士」秋の赤城南麓を疾走す


川面に風が波を立て、河原の草が揺れる。ススキの穂が晴れた空のもとできらきらと輝いている。そこへ、橋梁の上の線路のジョイント音が大きくなりはじめて、ゆっくりと電車そろそろと電車が川を渡る。ああ、秋になったんだなあ。

このところデスクワークにいそしんでいた筆者は、気分転換のためにもできればそんなステキな絵を撮りたくて、上毛電気鉄道大胡電車庫イベントが行われた日、赤城南麓を訪れた。

2016年10月22日土曜日

【京王電鉄PETIT撮影記事】競馬場線送り込み7000系を撮る


京王競馬場線は、京王線東府中から競馬場正門前までを結ぶ全長0.9キロの支線。競馬開催日以外は7000系電車2両編成の専用編成がのんびり行き来する。こんなことはテツのお仲間のみなさんには説明不要だろうけれどね。私自身は思えば、2011年1月末まで走っていた6000系電車を撮りに行って以来ごぶさただった。

正直いうと、競馬場線のことをすっかり忘れていた。京王ファンのみなさん、すみません。京王線自体はなんどか乗っていたのに。あ、西武多摩川線にも行っていないや。

2016年10月21日金曜日

【秩父鉄道2011年10月】1007編成チョコバナナに出会う


なかなか趣味の撮影に行けないでいるあいだに、秋は深まりつつある。朝晩の気温の低さに秋を体感しつつも、デスクワークをしているのはいささかもどかしい。そんな作業の合間にハードディスク内で写真を探していて、2011年秋の写真を見つけた。旧ブログではこのときのことを記事にしていたものの、いまのブログではそれを再構成してはいなかった。そのために、ひさしぶりに自分でなんだかしんみりしながら見入ってしまったのは、もちろん秋めいてきた空のせいか。「もう5年も前なのか」とすなおに驚かされる。

2011年10月のある曇りの日曜日の午後のこと。私は秩父鉄道持田駅に降り立った。その頃はまだ、JR東日本より譲受した旧国鉄101系電車である1000系電車全12編成のうち、まだ7編成が健在だった。1986年に秩父鉄道にやってきて以来、1000系電車は長らく主力電車として走っていたけれど、2011年秋の頃はまだ代替車両である7000系電車と7500系電車が全5編成だけだったので、まだまだ1000系電車の走る姿を見ることはむずかしくはなかったと記憶している。

じっさい、この日も熊谷からは1003編成オレンジバーミリオンIIに乗ってきた。私は熊谷で羽生行きとしてパンタグラフを上げて点検中の1007編成チョコバナナを見かけたので、羽生よりの北武区間で先行して待ち構えたというわけだ。

2016年10月18日火曜日

【お仕事のご報告】Kindle電子書籍『PENTAX K-S2 スタートマニュアル』好評発売中です


【お仕事のご報告です】
 この夏にかけて撮影していた成果が1冊にまとまりましたので、ここでお知らせいたします。私も関係しているAmazonで発売しているKindle電子書籍『ぼろフォト解決シリーズ』のうち、『脱・初心者マニュアル』という名称だった、絞り優先AE(PENTAXでいうところの絞り優先自動露出)を使ってカメラの使い方を解説するシリーズに、PENTAX K-S2が加わりました。

■書名:『ぼろフォト解決シリーズ095 絞り優先で本格撮影をはじめる! 
PENTAX K-S2 スタートマニュアル
 HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited /smc PENTAX-DA★ 50-135mmF2.8 ED[IF]SDM /smc PENTAX-DA 50mmF1.8 /HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited のレンズレビューも掲載』[Kindle版]
■著、写真:秋山薫、小林義明、小山壯二
■著、編集:秋山薫、齋藤千歳
■価格:980円

 本文184ページとボリュームたっぷりの一冊に仕上がりました。巻頭のシーン別撮影テクニックの解説は、北海道在住の自然写真家小林義明さん。カッコイイ表紙写真や扉写真のほか、PENTAXがほこる多彩な絵作りの設定である「カスタムイメージ」と特殊な画像効果「デジタルフィルター」についての詳細な説明は小山壯二さん。その他、各機能の設定方法、構図や撮影ワークフローの解説、PENTAXレンズ5本の解説は私、秋山が担当しています。