2017年5月12日金曜日

【LUMIX関連記事】望遠レンズのことをあれこれと


いま、私が持っている望遠レンズはどれも古くなってきた。とくに、NikkorレンズはオートフォーカスでもDレンズばかりだ。あとはAi-SのMFレンズだし。私の持っている古い望遠レンズは広角レンズと比較すると、解像感は最新レンズからそう見劣りするわけではないが、残念ながら逆光にはどうしても強いとはいいがたい。そうなると、入手すべきは最短撮影距離も短いアレなのだろうなあ。それにしても、いろいろと代替しなければいけないものが多くてため息が出る。

いっぽう、最近使っているマイクロフォーサーズシステムのほうは、そもそも85mm相当より長い望遠レンズを持っていない。とはいえ、絵柄に変化をもたせるためには、もう少し長いレンズを使いたいことが少なくない。そこでしばらく前に、OLYMPUS PEN-F、OM-D E-M10あるいはLUMIX G8、GF9あるいはGH5といっしょに、望遠ズームレンズをいくつか使わせてもらっていた。



焦点距離的におもしろかったのはLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S.だ。なにしろ、200〜800mm相当にもなる超望遠ズームレンズだ。35mmフルサイズ用の70〜200mm F4.0レンズ程度の大きさに収まっているのもおどろく。また、人気のあるM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROも600mm相当のレンズで、その解像感と質感描写に舌を巻いた。どちらもすごくいいいけれど、もう少し短い「超」のつかない望遠レンズがじぶんにはまず必要だ。

そう思うと、大きさも手頃で描写もすぐれているのは、LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.およびLUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S.。II型になる前のモデルもAFが高速でとてもいい。F2.8で暗くなっても使いやすい。ぼけもきれいだ。M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROはまだ自分では使ったことがないので使い勝手がわからない。少し大きいように思えるので、フラッグシップボディにこそ似合いそう。

となると、私がいま私物で所有しているGX7 Mark IIに似合うのは、LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.かもしれないなあ、などと考えてみたり。このレンズは小さいけれど、300mm相当まで望遠端があるところもいい。APS-CサイズセンサーのニコンDXフォーマットに慣れた結果、300mmくらいまでは常用したいのだ。周辺光量落ちはあるけれど、それをふくめていろいろな描写が素直な印象がある。逆光にも強いしね。サイズが小さいぶん、開放F値がF4.0-5.6と明るくはない。とはいえ、これは工夫すれば(ここがミソだし、腕の見せどころよ)けっこうぼかせることはわかった。そして、このレンズに限らないけれど、やわらかいぼけがほしいときはLUMIXのカメラはシャープネスを初期設定よりマイナス側に設定するのもコツかも……などと、あれこれ考えているのも、楽しい。つまり、今日もまた迷っているということ。

【撮影データ】
Panasonic DC-GF9/LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S./Adobe Camera Raw


0 件のコメント:

コメントを投稿