2017年5月14日日曜日

【Manfrotto三脚関連記事】055X PROBが帰ってきた

このアッセンブリーリリースレバーが欠落していたのです

先日のエントリーで書いた修理に出していたマンフロット055X PROB
の修理が完了して手元に戻ってきた。じつにありがたい。これで、超ローアングル撮影もスムーズにできる。すでにこの製品はモデルチェンジしてデザインが変わっているけれど、現行製品のMT055 XPRO3も基本的には同じだ。この055X PROBは旧製品の在庫処分セールかなにかで手に入れた。たった2年ほど使っただけで使えなくなったので放置していた。脚部の開脚時にロックする部品(部品番号「R055,504.」アッセンブリーリリースレバーというらしい)を移動中に欠落させて紛失した。撮影に使えなくはないけれど3本の脚の開き具合が揃わないことがいやだった。修理を考えていた矢先に、ふるいふるい055 CLBの安価な中古品を手に入れてしまったので、そちらを使っていた。

とはいえ、超ローアングル撮影でスローシャッターを切る場合には、055X PROBなり現行のMT055 XPRO3が使いやすいのだ。最大開脚させてセンターポールを90度倒すことができるから。そこで1年ほどあれこれと考えて大型連休前に修理依頼したというわけ。それが予想よりもずっと早く修理が完了したので、おどろいた。むずかしい修理ではないとはいえ。日研テクノさん、ありがとうございます! あ、これは記事広告ではないですよ。




バレエダンサーや体操選手みたいにも見えるけど、これが便利なのね

055 CLB(に限らない)などの通常のセンターポールを持つ三脚でも、こうやって三脚を地面に倒して置けばもちろん超ローアングル撮影はできる。カメラバッグなどを置いて高さを調節すればいい。とはいえ、この方法は三脚を動かしてしまいやすい。055X PROBではその点、よりしっかりカメラを固定できるので、構図を変えないまま、あるいはスローシャッターでも安心して撮影できるというわけ。

超ローアングル撮影ができるというのはとてもべんりだ。なにも植物や昆虫をマクロ撮影するときに用いるわけではない。風景や列車を撮る場合にも、カメラの高さを工夫すれば画面に写り込んでほしくない邪魔なものを隠すことができることは多い。ローアングル撮影がしやすい三脚は、その選択肢が多くなるというわけだ。

ふつうの三脚だってローアングル撮影はできるよ

こうして、自宅には3本の055シリーズ三脚があり、2本が使用可能なコンディションにあることになった……変な状況だな。基本的には055X PROBを本務機、055CLBを補機……おおっと、「メイン三脚とバックアップ用予備三脚」だよ、本務機と補機じゃあ鉄用語過ぎたっ。でも、三脚の予備なんておかしいよね。そんなわけで、両者を使いわけて長持ちさせることにしよう。055 CLBが055X PROBにまさるところもある。それは100グラムほど軽いところと、センターポールの90度回転機構がないぶん、5センチほど短いところ。

【関連記事】
マンフロット055シリーズ三脚と筆者のトライポッド・クライシスのこと(2017年5月3日)

0 件のコメント:

コメントを投稿